AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/01
  • 「東新宿交通取締情報局」

新兵器続々デビュー! 新種のレーザー式固定オービスがまた大阪に出現!【交通取締情報】

最強LHがレーザーとドッキングでますます最強に!

大阪市内から桃山台駅東交差点を過ぎた高架部分に設置されていたHシステムの代換え機は、なんとレーザー式オービス!
大阪市と京都府亀岡市を結ぶ国道423号線(新御堂筋線)北行き、豊中市上新田に設置されていたHシステムがLHシステムに変更! と思いきや、なんだか様子がおかしい。本体数m手前の四角い箱、こいつは一体なんだ?

☆新規オービスDATA
場所:大阪府豊中市上新田
道路:国道423号線(新御堂筋線)
方向:箕面市方面(北行き)
種類:LiH
速度測定方式:レーザー式

側壁から走行車をねらう、レーダースキャンセンサーユニット。
最近デビューしたLiオービス。最下部の横長の窓の奥にレーザースキャンセンサーユニットが収まる。

R423、豊中市のHシステムがLHに世代交代! と聞いて現地に出かけてみたら、確かにHが見慣れたLHに姿を変えていた。が、周辺を調査してみたところ、LHの速度測定システムであるループコイルの埋設跡が見当たらない。さらに撮影ポイントを示す白線もない! 一体、どうやってスピードを測っているんだろうと思いきや、数m手前に見慣れない白い箱が!

レーザースキャンセンサーユニットだ!

先月、国道26号線にL型ベースのレーザー式オービス(Liと銘々)が新設されたことを紹介したが、まさかLHと合体するとは。ただ疑問なのは、Liは片側1車線道路に設置されているのでレーザースキャンセンサーユニット(長いよ!というわけで以下レーザーセンサーに省略!w)はひとつでいいが、ここは明らかに2つのカメラで2車線を狙っているということ。ってことはこのレーザーセンサーは1機で複数車線の速度を測れると言うことなのだろうか。その辺はぜひ、メーカーである東京航空計器(株)に取材してみたいところ。

ところでこのレーザーによる速度計測システムはすでにパトカーの車載速度測定装置に採用され稼働しているし、可搬式移動オービス(LSM-300)によって全国各地で運用されている(実稼働かどうかは不明)が、本場USAではレーダーに代わる計測システムとして、全米で取り締まりに使用され、レーザー探知機なるものさえ市販されている。

が、その測定性能は本当に信用できるのか? 数々の実験結果に基づいた測定精度が公に証明されたという話はまだ聞いていない。Hシステムを始めとするレーダーによる測定に未だに疑惑が抱かれている現状では、レーダー式の二の舞になる恐れもある。こいつはますます目が離せません。

最新交通取り締まり事情はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
sledoc.com.ua/domofony/videodomofon-kupit-kiev/

https://tsoydesign.com.ua

охрана ресторана