AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/28
  • 遠藤正賢

ランドローバー・ディスカバリーが多彩なコネクティビティ機能を標準装備した2018年モデルに進化!

価格は全グレードとも407,000円アップ

ランドローバー・ディスカバリー
ジャガー・ランドローバージャパンは4月2日、ランドローバーの7人乗り高級本格SUV「ディスカバリー」2018年モデルの受注を開始した。
ランドローバー・ディスカバリー

最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化、車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」など、多彩なコネクティビティ機能を標準装備とし、利便性をさらにアップ。

ランドローバー・ディスカバリー

電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイも標準装備となるほか、走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)と、快適な車内空間を提供するナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付エアコン)をオプション装備に追加している。

ランドローバー・ディスカバリー

価格は全グレードとも407,000円アップし、ガソリン車の「HSE 3.0L P340」が8,197,000円、「HSEラグジュアリー3.0L P340」が9,217,000円。ディーゼル車の「HSE 3.0L D258」が8,397,000円、「HSEラグジュアリー3.0L D258」が9,417,000円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る