AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/26
  • AnimeandManga編集部

Cクラスにも「Lセダン」! メルセデス・ベンツ、ホイールベースを80mm伸ばした、富裕層向けエグゼクティブサルーンを発表【北京モーターショー2018】

Mercedes-Benz The new C-Class L Sedan

メルセデス・ベンツは、熱気溢れる北京モーターショー2018の会場で「Cクラス Lセダン」を発表した。標準ボディに対してホイールベースを80mm延長することで、後席の居住性を飛躍的に高めた中国専用モデルである。

Cクラスの大刷新を受けた「中国専用モデル」

「Aクラス Lセダン」に続いて、メルセデス・ベンツが“ワールドプレミア”として公開したのは、Cクラスの「Lセダン」だった。

この「Cクラス Lセダン」はホイールベースを80mm伸ばし、延長分はすべて後席の居住スペース拡大に使われている。実際、写真を見るだけで、サイドビュー(すなわちリヤドア)が伸びやかな印象になっているのがハッキリと分かる。

また、助手席の電動シートは、後席からもリモコン操作で簡単に動かすことができるので、より快適な移動空間を得ることができる。

Cクラスのロングホイールベース版は、すでに2014年から現行モデル(W205)で中国市場に投入されており、今回発表の「Cクラス Lセダン」は、欧州で発表されたCクラスのビッグマイナーチェンジに合わせたものである。

↑ こちらは、Cクラス標準ボディ。最上部に掲載した「Cクラス Lセダン」の画像と見比べてほしい。

巨大な中国マーケットに挑む、ダイムラーの本気度

注目は新開発の1.5L直4ターボにEQブーストを追加した、48ボルトのマイルドハイブリッドであるが、最新インフォテインメントシステムや最先端の安全運転支援システムの搭載、マルチビームLEDヘッドランプ、12.3インチの高精細液晶パネルを用いたデジタルメーターなど、同社が誇る最新装備にアップデートされる。

この発表により、ダイムラー社はマイバッハブランドの「ビジョン・メルセデス・マイバッハ・アルティメート・ラグジュアリー」を含め3台のワールドプレミアを北京モーターショーで行ったことになる。

この点だけを見ても、中国市場へ賭けるダイムラーの本気度や意気込みが伝わってくる。



自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
there

www.protege.kiev.ua