モーターファンフェスタ2018|AnimeandManga[モーターファン]

モーターファンフェスタ2018
TOP > モーターファンフェスタ2018 > 出展車両 > 「工学院大学Wing」のソーラーパネルは総面積なんと4平方メートル!【モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ】
  • 2018/04/22
  • 遠藤正賢

「工学院大学Wing」のソーラーパネルは総面積なんと4平方メートル!【モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ】

三次元曲面を持つシリコン太陽電池を搭載し2017年WSCでチャレンジャークラス7位入賞したソーラーカー

工学院大学Wing
「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」が、ついに本日4月22日(日)開催! 現地にはすでに、14時スタートのメインイベント「グリッドウォーク」に参加する世界の名車たちが集結している!「工学院大学Wing」は、太陽光のみを動力源として、オーストラリア北部の都市「ダーウィン」から南部の「アデレード」までの総延長約3,000kmを総走行時間で競うソーラーカーレース「2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」(WSC)に参戦したマシンだ。
工学院大学Wing

13番グリッドにつける「工学院大学Wing」は、太陽光のみを動力源として、オーストラリア北部の都市「ダーウィン」から南部の「アデレード」までの総延長約3,000kmを総走行時間で競うソーラーカーレース「2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」(WSC)に参戦したマシン。

レギュレーション変更に伴い車体形状を従来のカタマラン型(双胴型)からモノハル型(単胴型)に変更。その上に、「Wing」の車名の由来となった三次元曲面を持つ4平方メートルの巨大なシリコン太陽電池を搭載し、充電効率を高めている。2017年の本戦ではチャレンジャークラスにおいて7位入賞した。

工学院大学Wing

この「工学院大学Wing」を含む67台の名車が富士スピードウェイ・レーシングコースのホームストレート上に姿を表す「グリッドウォーク」は、本日4月22日(日)14:00~15:00に行われる(セレモニーは13:20~14:00)。クルマ好きなら今日は富士スピードウェイへ行くしかない!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Провирон

avrora-trans.com

www.citroen.niko.ua/models/citroen-c4-new_7/