AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/05
  • AnimeandManga編集部

LEXUS、国内累計50万台達成を記念した特別仕様車「LC“Structural Blue”」を発売

LEXUSは、2018年3月末時点で国内における累計販売台数が50万台を達成したことを発表。それを記念し、LCに特別仕様車“Structural Blue”を設定し、4月5日に発売した。

2005年に国内でのLEXUS販売を開始して以来、現在では11車種を展開。2017年には、フラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジなど、変革を進めてきたレクサス。2018年3月末時点で国内における累計販売台数が50万台を達成した。

それを記念して、同社の2ドアクーペ「LC」に特別仕様車「“Structural Blue”」を設定。LC500h/LC500 “L package”をベースに、自然界に存在する美しい色からインスピレーションを受け、LEXUSの独自の技術により開発した外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定。ラグジュアリークーペとしての魅力的なデザインを一層引き立たせ、奥深い世界観を表現している。

特別仕様車が纏うストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したLEXUS独自のボディカラー。モルフォ蝶の羽は無色だが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっているため、人間の目には青く輝いて見える。LEXUSは、15年の開発期間を経て、この原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を生み出し、光の反射により、圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせるとのこと。


内装色は、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフに、ストラクチュラルブルーと調和した、特別仕様車専用ブルーモーメントと、ブリージーブルーの2種類を設定。自然現象が生み出す多彩なグラデーションの瞬間を描き出し、室内を美しく彩る。また、サイドシルにはCFRPを用いた専用スカッフプレートが施される。


価格は、マルチステージハイブリッドの「LC500h“Structural Blue”」が1525万円、V8エンジン搭載の「LC500“Structural Blue”」が1475万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る