AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/04
  • AnimeandManga編集部

トヨタ、ダイナ及びトヨエース 2t積載車系を一部改良

小型トラックのパワートレーンも着実に進化

ダイナ カーゴ(ワイドキャプ・ロングデッキ・フルジャストロー2t積)
ディーゼルハイブリッドの制御システムを改良し、トランスミッションを多段化することで従来型と比較して約7〜9%の燃費向上を実現!

トヨタは4月4日、小型/中型トラックのダイナ並びにトヨエースの2t積系の一部改良を実施したことを発表。5月7日からこの新型モデルが発売される。

トヨエース メーカー完成特装車 建設用ダンプ(ワイドキャプ・高床・4t積)

今回の一部改良の最大のトピックは、パワートレーンの環境性能向上だ。ディーゼルハイブリッドは基本的なハードウェアは従来型から変更されていないが、制御システムの見直しを実施。加えてトランスミッションを換装している。従来は5速AMT(クラッチ操作が自動となるMT)を採用していたが、これを6速AMTに変更。こうした改良によって、従来型から国土交通省の重量車モード燃費で比較して約7〜9%の向上を果たしている。また、「準中型自動車免許」に対応する車両総重量上限7.5t未満の車型のラインアップを設定し、幅広いニーズに応えた。

同時にメーカー完成特装車TECSにおいては、上記のベース車と同等の改良を施した他、4t積ワイドキャブ車を新設。価格はディーゼルハイブリッド車で529万2000円〜557万9280円。上に紹介した建設用ダンプ メーカー完成特装車の価格は623万1600円となっている。(オプション価格は含まず)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る