AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/24
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

新型カローラハッチバックをCセグのライバルと比較してみる。ゴルフ/新型Aクラス/インプレッサ/1シリーズ/308/メガーヌ

新型カローラハッチバック
ニューヨーク国際モーターショーで発表されるトヨタ・カローラハッチバック。いわゆるCセグメントど真ん中に投入されるニューモデルのカローラハッチバックを、同じくCセグメントの並み居るライバルと比べてみる。

新型モデルが発表になると、気になるのは、デザイン? 燃費? パワートレーンの種類? もちろん価格? となるわけだが、もうひとつ重要なのは「サイズ」ではないだろうか? 自分の駐車スペースに入るか。狭い道での取り回しはどうか? 
そこで、全長×全幅×全高とホイールベースを比較してみることにする。
カローラハッチバックが属するのは、いわゆる「Cセグメント」と呼ばれるカテゴリーだ。ここで、「標準器」の役割を果たすのは、VWゴルフである。
ゴルフⅦの全長を100%として各モデルがどのくらいの大きさなのか示してみる。

意外、と思われるかもしれないが、ここにあげたCセグハッチバックで、VWゴルフⅦより全長が短いモデルはないのだ。全幅の拡大は、ルノー・メガーヌの1815mmが最大で、1800mmというところがおおよそ最大幅になりつつある。
それに対して全長は、まだまだ伸びている。
メルセデス・ベンツの新型Aクラスは、旧型比で64mmも全長を拡大している。

全長が長いほど居住性が高いか、というと必ずしもそういうわけではないが、参考にはなるだろう。
駆動方式は、BMW1シリーズ以外は、エンジンをフロントに横置きするFFレイアウトを基本としている(インプレッサは水平対向4気筒DOHCエンジンを縦置き)。

では最も小さいゴルフから小さい順に見ていこう。

フォルクスワーゲン・ゴルフ(Ⅶ)全長100%

全長×全幅×全高:4265×1800×1480mm ホイールベース:2635mm

プジョー308 100.2%

全長×全幅×全高:4275×1805×1470mm ホイールベース:2620mm

BMW 1シリーズ 101.8%

全長×全幅×全高:4340×1765×1440mm  ホイールベース:2690mm

トヨタ新型カローラハッチバック 全長102.5%

全長×全幅×全高:4370×1790×1435mm ホイールベース:2640mm フロントオーバーハング:935mm リヤオーバーハング:795mm

ルノー・メガーヌ 103.0%

全長×全幅×全高:4395×1815×1435mm ホイールベース:2670mm

メルセデス・ベンツ新型Aクラス 103.6%

全長×全幅×全高:4419×1796×1440mm ホイールベース:2729mm

スバル・インプレッサスポーツ 104.6%

全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm ホイールベース:2670mm

マツダ・アクセラスポーツ 104.8%

全長×全幅×全高:4470×1795×1470mm ホイールベース:2700mm

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
canadian online pharmacy

системы автополива