モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|AnimeandManga[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > パーツ&アイテム > アライ発!クラシカルデザインのヘルメット「Concept-X」やっぱり機能は高次元!【東京モーターサイクルショー2018】
  • 2018/03/23
  • AnimeandManga編集部

アライ発!クラシカルデザインのヘルメット「Concept-X」やっぱり機能は高次元!【東京モーターサイクルショー2018】

販売要望は熱烈受付中!

東京モーターサイクルショーのアライブースではさまざまな製品ラインナップを展示中。その中に気になるヘルメットを見つけました。(PHOTO&REPORT:石川順一)

ネオクラシックなスタイルのバイクが台頭する今、ヘルメットもクラシックスタイルで合わせたいという方も多いはず。ところが、ハーフタイプなら選択肢が多いものの、クラシカルでかつ安全性の高いフルフェイスとなると意外なほど少ない。

加えて、クラシックヘルメットの特徴であるディフューザーのないシンプルな形状もネック。ベンチレーションが効かないため、フルフェイスともなると内部に熱がこもりがちになる。せっかくデザインが気に入っても、長時間の装着には向かなくなってしまう。

そんなジレンマを解決してくれるのが、アライが発表したコンセプトモデル・Concept-Xだ。初代ラパイドを思わせるシンプルな形状だが、特筆すべきは帽体内の通気性。

つるりとした帽体デザインとしていながらも、シールド上部や顎のディフューザーから取り入れた走行風をヘルメット上部から後方へ流すようエアフローが設計されているのだ。そのため、通り抜ける風がライダーの熱気を逃がしてくれるわけだ。

風をより多く取り込みたいときはシールドを少しだけ開けた位置に固定することもできる。シールド脇の留め具を軽く押すだけでokなので、走行中でもカンタンに変えられる。

グラフィックパターンの展開もありえるそう。ゼッケンを思わせるナンバーやレーシングラインなどのデカールがまたクラシックな雰囲気を演出している。

アライのブースは西1ホール。巨人も被れそうなでっかいヘルメットが目印だ。
■ブース番号1ー06

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.tsoydesign.com.ua/interiors/interer-restoranov/

раскрутка сайтов шымкент

Наш полезный интернет-сайт на тематику жесткие диски 250 гб.