AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/13
  • AnimeandManga編集部

見た目も中身もスゴかった! 新生ランブレッタ Vシリーズ 3モデル詳密解説

ランブレッタ・V50/V125/V200スペシャル

魅力あふれる3ラインナップで展開

今回発売されたΝewランブレッタには50/125/200という3つの排気量バリエーションが存在し、それぞれV50 Special/V125 Special/V200 Specialというネーミングとなっている。そしてフロントフェンダーが固定タイプ(Fix)と可動タイプ(Flex)の2バージョン用意され、全8色のボディカラーを組み合わせたラインナップで展開される。

V50 Specialは、空冷4サイクル49.5㏄エンジンを搭載したボトムエンドを担うモデル。上級機種と同等のボディワークと装備を持ちながら原付免許、あるいは普通自動車免許で運転可能。ユーロ4適合エンジンは静粛性に優れ、とてもクリーン。レトロな固定式フェンダー(Fix)モデルにマットグレーとオレンジ、モダンなフレックス(Flex)フェンダーモデルにはレッド、ブルー、ホワイト、ブラックの4色を揃える。 38万円のワンプライスで展開。


V125 Specialは、空冷4サイクル124.7㏄エンジンを搭載した中核モデル。往年のランブレッタを彷彿させるスタイルながら、電子制御燃料噴射システムの採用でユーロ4に適合しつつ10.2ps(7.5kw)を発揮。前後ディスクブレーキはコンバインドタイプ。FixフェンダーのボディカラーはV50 Specialと同様の2色。FlexフェンダーにはV50 Specialで採用の4色に加え、ブラウンを加えた合計5色を揃える。40万円のワンプライスで展開。

V200 Specialは、空冷4サイクル168.9㏄エンジンを搭載するハイエンドモデル。ユーロ4への適合はもちろん、豊かなトルクと伸びのあるパワーが身上。前後ディスクブレーキにはBOSCH製ABSシステムを採用し、安全面も抜かりなし。FixフェンダーモデルにはV200 Special専用色であるシルバーブルーを加えた3色構成とし、Flexフェンダーモデルはブルー、ホワイト、ブラック、ブラウンの4色を揃える。45万円のワンプライスで展開。

◎固定式フェンダーモデル(Fix type)



◎可動式フェンダーモデル(Flex type)





ランブレッタ用品にも期待大

なおランブレッタは長年ライセンスビジネスを展開してきたこともあり、豊富なアパレルやアクセサリーのラインアップを誇っているため、こうした部分での展開も計画されているという。
これに加え、かつてのモッズ文化を代表するようなクロームガード類、ライトやミラー、キャリアなどもラインナップして、今後オフィシャルサイトやSNSを通じて発信していく予定。
写真は欧州で展開予定のヘルメット。ターゲットマーク×ランブレッタロゴのエンブレムを配したバージョン(左写真)、それとイノチェンティ×ランブレッタロゴのエンブレムを配したバージョン(右写真)とが各色用意される模様だが、国内導入については未確認。それでもアパレル、アクセサリー、カスタムパーツなども販売予定だというので、新生ランブレッタと輸入元サイン・ハウスの動向に注目&東京モーターサイクルショーでのお披露目が待ち遠しい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る