AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/08
  • AnimeandManga編集部

朗報! 偽物まで存在した、名門スクーターブランド「ランブレッタ」が大復活!

日本市場の輸入元はサインハウスに

ベスパを筆頭とした外国製スクーターを得意分野としている筆者にとって、個性的なスクーターはやはり食指が動く。そんなだから歴史やヒストリーまで兼ね備えたメーカー/ブランドなら、なおさら生唾ゴックンものだ。そんなだからEICMA2017でのランブレッタ大復活劇は青天の霹靂級の出来事だった……。(REPORT:大家伝)

1947年に生産が開始したランブレッタ

かつて一世を風靡したイタリアンスクーターブランドであるランブレッタをご存知だろうか? モッズファションに身を包み、スタイリッシュにキメたスクータリスト御用達のイタリアンスクーターである。
ランブレッタの製造メーカーは1933年に金属加工工場として創業したイタリアのイノチェンティ社で、ランブレッタスクーターの製造販売は1947年のモデルAという機種から。そして順次改良を施したり、バリエーションを増やし、現在でも人気が高いTVシリーズやLiシリーズなどをリリースしていく。人気が高いと言ってもイノチェンティ社としては1971年を最後にランブレッタの生産を終え、スクーター製造業からも撤退しているので、TVシリーズにしてもLiシリーズにしても新車は手に入らない。

話は少し前後するが、イノチェンティ社はイギリスの自動車メーカーブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)と提携、オースチンA40という4輪車のライセンス生産を開始する。それが1960年あたりのことだったが、イタリアンブランドでありながらランブレッタがイギリスで認知されるようになったのもこうした背景があったから。しかもこの頃にイギリスを発祥とするモッズカルチャーが一大ムーブメントとなったこともあり、このムーブメントに乗っかるかのようにランブレッタはモッドたちから支持され、一気に世界的な人気スクーターへと上り詰めたのだ。

ランブレッタで押さえておきたいのが人気モデルのLiシリーズ。Liシリーズには1から3型があり、写真左から順に1型、2型、3型(写真右のモデルはSXなので厳密にはLi3と異なるが、見た目的には概ね同じ)のボディ形状の違いがわかるだろう。ちなみに1型から3型それぞれに125ccと150ccの設定があり、排気量UPによるパワーアップバージョンがTVとなる。なのでTVも1型から3型まであり、写真のボディ形状と概ねいっしょだ。

モッズブームとの相乗効果もあって、一躍人気スクーターの座を射止めたランブレッタ。しかし前項で触れているように、イノチェンティ社としては1971年を最後にランブレッタの生産を終えてしまっている。ただ全盛期には世界各地でライセンス契約を結んだメーカーがランブレッタスクーターを生産していた事実があり、イノチェンティ社がスクーター製造から撤退した後も一部で生産が継続されていた時代があった。とくにインド・SIL社(スクーターズ・インディア・リミテッド社)は1990年代まで残余部品による組み立てを続けていたが、それも終了した後にはランブレッタの正しいブランドを継承する商品が途絶えてしまっていた。
なお2010年に復活したかのように喧伝されたランブレッタは、商標とブランドを無断使用した全く関係のない偽物だったためイノチェンティ社から訴訟を起こされ敗訴している。

……とまあ、ここまでが前時代のランブレッタヒストリーといったことになるのだが、なんと(!)2017年のEICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)でランブレッタが新型モデルを引っさげて復活を果たしたというではないか。このニュースには正直心が踊った。そしてなぜこのタイミングなのかという疑問もあった。
じつはランブレッタ・ブランドを所有するイノチェンティ家はその資産管理会社をスイスに置き、世界のランブレッタ類似商品の製造および名称使用の差し止めに着手していたのだという。それがようやくブランドの一本化を完成させ、オーストリアのKSR Group GmbHと共同出資することで改めてLambretta GmbH(ランブレッタ有限会社)を2017年に設立するに至った。
そう、こうした理由で2017年の復活となったワケだ。この新生ランブレッタこそ本家筋となり、正当なランブレッタ・ブランドを引き継ぐ唯一のメーカーだ。そんなだからニューモデルとしてお披露目されたVスペシャルシリーズにも興味が湧くというもの。
しかもEICMAでの発表直後には欧州圏はもとよりオーストラリア、ニュージーランド、韓国、シンガポール、タイ、ブラジルなど、約50カ国で契約交渉が完了しているというアナウンスも流れたため「日本でのデリバリーはあるのか?」というところも気になっていた。

◎EICMA2017の新生ランブレッタブース



そんな折り、ついに日本国内へのデリバリーを担当するというアナウンスがサイン・ハウスより流れたのである。サイン・ハウスといえばインカムのB+COMを始めとし、バイクパーツ&バイク用品を扱っているので輸入品の扱いには慣れているといえる。ひとまずは今春の東京モーターサイクルショーへの出展を予定しているというので、新生ランブレッタ・Vスペシャルシリーズが気になるという向きはチェックすることをオススメする。

以下は輸入元となるサイン・ハウスによるアナウンス全文。

(株)サイン・ハウスではこの歴史あるスクーター・ブランドの個性、美しくしかし合理的なデザイン、先進的な技術、何よりもこれだけリッチなブランドでありながら日本では手付かずの状態であったことに注目し、Lambretta GmbHと直接交渉。日本における総代理権並びにブランド使用権を独占することに成功しました。Lambretta GmbH社では、昨年のEICMAで発表されたニューモデル、V50/V125/V200の3機種の生産を2018年2月下旬より開始。㈱サイン・ハウスでは、3月23日から開催される東京モーターサイクルショーでこれらをいち早く入手し展示・発表する予定です。すなわちこの場が日本市場におけるランブレッタ・スクーターの復活の日となり、日本のプレミアム・スクーター・マーケットの全く新しい1ページがめくられる日となるのです。
(株)サイン・ハウスにとって、車両の取り扱いはその30年を超える社歴の中でまったく初めてというわけではありません。とはいえ、特に近年はオートバイを愛するお客様のためのオリジナル商品、なかでもモーターサイクル・インターコム市場の占有率50%を超えるブランドとして愛され選ばれてきたB+COM(ビーコム)をはじめとする商品群を企画、製造する「マニファクチャラ(メーカー)」として成長してまいりました。今回のランブレッタ社との契約は、こうしたアクセサリー・メーカーとしての生い立ちに、全く新しい車両インポーターとしての側面を加える、新しいチャレンジとなります。これまで培ってきたサインハウスならではの手厚いライダーサポート、質感の高い商品、類似するもののないデザインを大切にしながら、ほかの車両インポーターにはまねのできない新しいスクーターの扱い方を提案していく予定です。ぜひご期待ください。

以上、次回の後編ではV50/V125/V200をそろえる新生ランブレッタ・Vスペシャルシリーズについて詳しく紹介する予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Был найден мной нужный портал про направление источники пассивного дохода.
У нашей фирмы важный блог , он описывает в статьях про как накопить денег.
fxcl