AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/17
  • AnimeandManga illustrated編集部

群馬大学/三井住友銀行:次世代モビリティ社会実現に向けた産学連携協定を締結

地域における自動運転車を活用したモビリティサービス (イメージ)
群馬大学と三井住友銀行は、地域における自動運転自動車を活用したモビリティサービスの実現に向けて、2018年2月16日、「次世代モビリティ社会実装研究に関する協定書」を締結した。自動運転分野に特化した、大学と銀行の産学連携は国内初の取組。

自動運転車の実用化に向けた取組は世界中で加速しており、国内でも各地で公道実証実験が開始されている。
群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、大学として全国で初めて、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体等とも連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向けた研究を積極的に展開している。
一方、SMBCは、「100年に一度の大転換期」とも言われる自動車産業の競争環境変化の中、2016年4月に、部門横断的なチームとして「次世代自動車プロジェクトチーム」を立ち上げ、来たる自動運転社会や電動化・サービス化などへの企業の 戦略対応を積極的に支援してきた。2017年11月には、 神戸市北区筑紫が丘における「ラストマイル自動運転移動サービス(※)」の実証実験において、三井住友フィナンシャルグループの一員である日本総合研究所と群馬大学とが連携するなど、次世代モビリティ社会の実現に向けてグループを挙げて取り組んでいる。

このたび、群馬大学とSMBCは、地域における自動運転車を活用したモビリティサービスの開発と同サービスの全国展開に関して連携することで合意したほか、SMBCでは、各地域の地元金融機関とも連携して、次世代モビリティ社会に求められる金融サービスを検討していく。

(※)ラストマイル自動運転移動サービス:自宅からの近距離圏内(最寄り駅・バス停、商店、病院など)の移動のための、自動走行技術などのIoTを活用した新たな移動サービス。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://protege.kiev.ua/vyistavochnoe-oborudovanie/vyistavochnyie-stendyi-pop-up.html

купить стероиды киев

куртки мужские львов