AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/11
  • GENROQ編集部 永田 元輔

ランボルギーニ・ウルスの開発で一番苦労したのはやはり!? 開発ディレクターに聞く

マウリツィオ・レッジャーニ氏
ついに日本上陸を果たしたランボルギーニ・ウルス。発表に合わせて来日した研究・開発部門ディレクターのマウリツィオ・レッジャーニ氏にお話を伺いました。

 今はスポーツカーブランドがSUVを発売しても驚きませんが、やはりランボルギーニとなると別格。でも近年はランボルギーニのユーザーの中にもSUVを望む声が高まっていたのだそう。
「さまざまな調査の結果、顧客の希望が強いSUVをラインナップに加えることを決定しました」

 そう語るのはランボルギーニの研究・開発部門のディレクターを務めるマウリツィオ・レッジャーニ氏。ムルシエラゴのプロジェクトリーダーを務め、その前はブガッティEB110の開発も担当していたという人物です。

 しかし生粋のスーパーカーブランドであるランボルギーニのSUVとなると、その走りの性能には相当なレベルが要求されます。ウルスの走りをどのように煮詰めていったのか、レッジャーニ氏が語ってくれました。

「我々はレーダーチャートを作成し、既存の車種や競合車と比較しながら、物理的な要素を決めていきました」

「最も苦労したのは、コーナリングでの動きです。コーナーでは外側前輪に向けてクルマが傾いていきますが、その重心の移動を制御するのが大変難しかったですね。それをいかにコントロールしてフラットな姿勢にしていくか、そこが最大の問題でした。」

 650ps、850NmのV8ツインターボエンジンを搭載し、305km/hの最高速度と0-100km/hが3.6秒という速さを実現しているウルスですが、やはり最大の難関はコーナーでのクルマの制御だったのですね。

「ウルスのプロジェクトでは、ふたつの大きな問題に直面しました。ひとつは重心の高さ、もうひとつは重量です。それによって生じる左右のロールと前後のピッチングを制御するものが必要だったのです。そこでアクティブ・ロール・スタビライゼーション・システムとエア・サスペンション・システム、そしてトルクベクタリングといった新しいシステムを開発しました」

 レッジャーニ氏がウルスの走りで目指したのは、ランボルギーニにふさわしいものであるかどうか、ということ。そのランボルギーニの走りをレッジャーニ氏は「手にはめるグローブのようなもの」と表現してくれました。

「クルマを運転しているときは、すべてが迅速にコントロールできないといけないのです。まるで馴染んだグローブのように、意のままにね」

 そう言って笑うレッジャーニ氏は、相当ウルスの走りに自信を持っているようです。プレミアムSUVの世界に、新しい時代がやってきたのは間違いなさそうですね。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
там

интернет магазин кроватей

матрас