AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/09
  • AnimeandManga編集部

155ccスクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更【ヤマハ】

スポーティなブルーと、高級感あふれるブラックが登場

新たに設定されたビビッドパープリッシュブルーカクテル 5(ブルー)。
ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる 155cm3のBLUE CORE エンジン※を搭載するスクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更する。発売開始は3 月20 日。

「NMAX155 ABS」は、所有満足感が得られるスタイリングや手軽な車体サイズ、リラックスしたライディング ポジションを兼ね備える原付二種スクーター「NMAX ABS(125cc)」の良さはそのままに、高速道路も走行可 能な 155cm3 エンジンを搭載したモデルだ。

2018 年モデルはニューカラー2 色を含む 3 色設定で、 高級感を更に強調したカラーリングとした。
「マットブラック 2(マットブラック)」は、マットブラックを ベースにゴールドホイールとゴールドエンブレムを採用し、“MAX シリーズ”上位モデルを感じさせる “質感”と“凄み”を表現。
「ビビッドパープリッシュブルーカクテル 5(ブルー)」は、光沢感の あるブルーにより、“高級感”と“遊び心”を演出。
「ホワイトメタリック 6」は継続販売する。
製造は、当社のグループ会社 PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

マットブラック 2(マットブラック)には、高級感あふれるブラック×ゴールドの組み合わせを採用。

※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014 年より “BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げている。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の 3 点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX155 ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発した。商標登録第 5676267 号。


※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料・税金(消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれません。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る