AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/18
  • AnimeandManga編集部

安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム ポルシェ356スピードスター

名車と聞けば馳せ参じる安部譲二、波乱万丈のクルマ人生!連載第2部【Vol.29】ポルシェ356スピードスター

イラスト:鐘尾 隆
作家・安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム『華麗なる自動車泥棒』連載第2部スタート!青年期からギャング稼業時代、そして作家人生の歩みまで、それぞれの時代の想いを込めた名車、珍車(!?)が登場します。稀代のストーリーテラー安部譲二のクルマ語り!
(文:安部譲二 イラスト:鐘尾 隆)

第29回 ポルシェ356スピードスター

 ちょうど4年前に、同棲していた年下の男に殺されてしまったメグは、僕と同い歳の昭和12年生まれでした。
 ですから死んだ時は、57歳だったはずです。

 メグと僕が初めて会ったのは、北関東の鉄火場で、あれは確か昭和34年でしたから、僕たちはまだ若さが匂い立つような、22歳の博奕打ちでした。
 170㎝もあって、スリムで奇麗だったメグは、花札もサイコロも達者な女博奕打ちだったのです。
「なぁにあんなもん、横浜の外人バーでついこないだまで1000円で股を開いてたパンパンだよ」
 なんて、メグにすってんてんにされた爺ィが、口惜しそうに言ったのを僕は聞いたことがあります。
 勿論、1000円と言っても価値が今とではまるで違います。
 40年前のその頃と今と比べると、高くなったのは家賃と給料、それに食べものと女で、余り変わらないのが洗濯機、安くなったのがテレビでしょう。
 メグはそんな陰口が本当と思われる派手なマスクと、メーキャップのいい女でした。

 何度目かの出会いで、僕はサイコロを振ってメグをペションペションにやっつけて、鉄火場の庭に駐めてあったホンダのジュノウというスクーターを、巻きあげてしまったのです。
 僕は自分の乗って来たプリムスは、東京から一緒に来た友人に運転して帰ってもらって、メグから取りあげたピカピカのスクーターで、機嫌よく国道を走っていました。
 当時のことですから、高速道路はありません。
 昔のことなので、月日まではとても覚えてはいませんが、夜中に100㎞/h近くのスピードで走っても、寒くはなかったのですから、きっと5月から10月までの間だったのでしょう。
 そして埼玉県警の検問に引っ掛った僕は、怪しまれて捕まってしまいました。
 まさか、博奕場で勝って獲って来たなんて、いくら怪しまれても言えません。
 北関東のどこそこで、メグという若い女から借りたのだと言っても、お巡りたちは信じてくれませんでした。
 メグという通称しか知らなかったのに、次の日の昼間に刑事たちは、
「そのスクーターの持ち主は、内藤ツネ、22歳、住所は・・・・・・」
 と、全て僕に教えてくれたのは、流石だったのです。
僕に負けて頭に来ていたメグこと、内藤ツネは、刑事が問い合せても、なかなか素直に口裏を合わせてくれなかったので、僕は熊谷署の留置場に2泊もしなければなりませんでした。

 メグと顔を合わせるのは博奕場だけで、寝るどころか一緒に一杯やったこともありません。
 気取った手付きで花札を引いていたメグを見ると、本名を知ってしまった僕は、おかしくて堪りませんでした。
 ツネなんてお婆さんのような名前では垢抜けなくて、とても恰好のいい女博奕打ちなんか、やっていられなかったのでしょう。

 昭和40年に都内の博奕場に行った僕は、駐車場に入って来た真っ赤なポルシェのソフトトップを見て、思わず目を見張りました。
 新車ではありませんでしたが、よく手の入れてある美しい356スピードスターだったのです。
 エンジンが止まって、ドライバーズシートのドアが開き、まず形のいい左足が伸びて地面を踏んづけると、続いてスリムないい形をした女が姿を現しました。
 ドアをロックするところを僕が見ていたら、女は濃くて巨きなサングラスをしていたのです。
 そして、僕をみると、
「あら、渋谷の……」
 なんて言いました。
 久し振りで顔を合わしたメグこと、内藤ツネでした。
「やぁ、久し振りだねメグさん」
 ちょっとエンジンルームを見せてくれと、僕が言ったら「あんたも好きね・・・・・・」なんて呟きながら、メグはリヤを開けてくれたのです。
 広いエンジンルームに、小さな4気筒エンジンが乗っていました。
「いいね。俺もカブリオレのこいつを探してたんだ」
 僕が言ったらメグは、一文だって負からないけど、350万円なら売ってあげると言ったのですが、本当に博奕打ちは明日の命も分りません。
 その晩、僕はメグの右手をしっかり押えました。
 客の集まるまでの間に3~4人で、コイコイアトサキをやっていた時に、親をやっていたメグは、自分に9枚手札を配ったのです。
 本来は親と子に8枚ずつ配る花札を、自分にだけ9枚配ったのですから、これは商売人を舐めた素人相手のイカサマでした。
「舐めちゃいけねえよ」
 メグの右手をしっかり掴んだ僕は、手札を9枚握っているのを確認して言い放ったのです。

 いかに客が集まる前にやっていた座布団博奕とはいっても、命の次に大事なお金が掛けられているのですから、右手の人差し指を根元から詰めさせるようなイカサマでした。
 どうしてメグが、その晩、僕たちを相手にこんなプリミティブなイカサマをやったのか、僕には理解ができません。
「堅気になるんなら、何も言わずに勘弁してやる。そうでなければ指かオトシマエだ」
 と、僕はメグに言いました。
 青ざめたメグは、どんな女優より凄まじい美しさでした。
 しかし、お互いに博奕打ちですから、ケジメをつけなければ、他人様に笑われてしまいます。
「表のポルシェで済みますか・・・・・・」
 と、メグは呟いたのですが、他の男たちには何のことだか分りませんでした。
 メグは堅気にもならず、商売物の右の人差し指も詰めずに、僕に350万円と言ったポルシェの356スピードスターで、オトシマエをつけようとしたのです。
 他の男たちには10万円ずつやって、僕はメグからポルシェの鍵を受け取りました。
 そして、
「下駄の替りに使ってくんな。見かけよりはよく走るぜ」
 オトシマエの釣りだと言って、僕は乗って来たフィアットの1100㏄の鍵を、メグに抛ってやったのです。

 車検証を見たらメグのポルシェは、他のデータは忘れてしまいましたが、気筒容積は1600㏄でした。
 クーラーもついていませんでしたが、このスピードスターはとてもよく走ったのです。
 30年以上経った今でも、コクピットに響いて来たエキゾーストノートを、僕は忘れません。
 低いウインドシールドは、幌をかけるとその途端に視界が悪くなって、シートから背中を離して顔を突き出さなければなりませんでした。

 丸2年で4万㎞乗って、僕はこのポルシェを売ったのですが、今でも日本のどこかで走っているに違いありません。
 デリケードでしたがタフなクルマで、壊れるようなところがついていませんでした。
 僕は昭和56年に足を洗いましたが、メグこと内藤ツネは、男に殺されて死ぬまで博奕打ちだったのです。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://surrogacycmc.com

www.progressive.ua

Был найден мной классный интернет-сайт про направление https://maxformer.com.