東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > トミーカイラがGT-Rで復活宣言!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

トミーカイラがGT-Rで復活宣言!【東京オートサロン2018】

トミーカイラといえば日本が誇るコンプリートカーブランド。たんなるエアロ装着だけではなく、性能アップを含めたトータルでベース車をカスタムしてきた。しかし、2007年のV36スカイラインセダンをベースとしたトミーカイラGTを最後に、このところ目立った活動がなかったような・・・。いえいえカスタム魂は消えてません! 10年の沈黙を破って発表したのがR35をベースとしたトミーカイラRコンセプトです!

東京オートサロンで発表されたRコンセプトは、いまのところ外装がメイン。エアロパーツなどという生易しいもんじゃない。完全オリジナルのボディキットだ。全幅2メーター超えのフェンダーは、数字だけじゃなく、ミッドシップエンジン車のような造形。フロントバンパーは彫りが深くGT-Rのイメージを強調。もしやGT-Rのデザイナーってラフスケッチでこんなかんじをイメージしたのではないでしょうか?

リヤまわりも大胆モディファイ。うしろの純正形状と見比べると、バンパーから下がもとの長さより後方に伸びているのがわかるよね。この形状、すげぇ斬新だと思う。

アンダーディフューザー、バリアブルウィング、リヤバンパー、クオーターパネル、マフラーカッターが一体となってこのリヤビューを形成。大胆すぎるのに破綻していない、まさしくコンプリートカー! ウイングステーが凝ってるのでぜひ画面を拡大してチェックしてちょ。


このボディキットは夏頃発売予定で、お値段は300万円(予定)
コンプリート状態での発売は今年の末を予定している。

亀のエンブレム復活をこの目で見たい人は国際会議場「チューニングカーギャラリー」のオプションブースにレッツゴー!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.agroxy.com/elevators

https://danabol-in.com