東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > オートサロン発起人の稲田大二郎がS15シルビアで復活!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

オートサロン発起人の稲田大二郎がS15シルビアで復活!【東京オートサロン2018】

 普段乗りからサーキットまで幅広く活躍し、毎日のように乗っていた180SXがとある事情で廃車になってから数ヶ月(OPTION読者ならわかると思うけど…)。東京オートサロンの前身である東京エキサイティングカーショーの発起人の稲田大二郎のニューマシンが公開された。
 あらたな愛車となったのは日産のS15シルビアで、180SXからエンジンや足まわりなどのパーツは移植されていた。
 製作した風間オートサービスの風間さんは「こうしてくれってな注文が多くて大変だったよ〜」といいつつも完成には満足そうで、会場にも自走で搬入されたのだ。
 ニューマシンのサーキット初走行は2月13日を予定。あらたな愛車を手に入れたDaiもホックホクの表情だったので、2018年も街乗りやサーキット走行で精力的にチューニングカーライフを満喫してくれそう。


エアロは風間オートサービスのプロモードSSフルキット。車高調やフロントの足まわりは180SXからほぼ移植。風間オートサービスの新製品である25mm延長ロアアームもつけられた。ボディカラーはDaiがモーターショーで見たフォルクスワーゲンのゴルフを参考にしたそうだ。


エンジンは180SXから移植。タービンはHKSのGTⅢ-RSだ。「ストリートカーらしく、メーターはごちゃごちゃつけたくなかったんだよな!」と、追加されたのはHKSのEVCとTRUSTのシリウスのみ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Этот нужный интернет-сайт про направление продвижение сайта https://www.progressive.ua
читать дальше babyforyou.org

http://www.make-up.kiev.ua