東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 台湾&日本のタッグで開発のJP TURBO!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

台湾&日本のタッグで開発のJP TURBO!【東京オートサロン2018】

北ホール11の壁側にあるブース付近の展示車ってエンジンルームを開けてるクルマが多いな~と思ったら、どうもみんなおなじメーカーのタービンが付いてるんです。それはJP TURBO(ジェーピーターボ)。今後のタービン業界で無視できない存在になるかも知れないですよ!

拠点は台湾にあるメーカーなんですが、開発は日本と台湾のタッグ。今回持ち込んだなかで日本向けとしてもっとも力を入れているのはこちらのポン付けタービン。ツキのいいボールベアリングを採用しつつ17万円って価格はかなりお手ごろだと思いません?

ちなみにとなりにはおなじく台湾からやってきたカーボン製エアインテークを専門に作っているARMAというメーカーも。ちなみにこちらはまだ日本への市場展開を考えている最中とのこと。気になるかたは北ホール11まで!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る