AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > トヨタランドクルーザー・ハイエースへの新提案「リノカ」とは【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

トヨタランドクルーザー・ハイエースへの新提案「リノカ」とは【東京オートサロン2018】

トヨタランドクルーザー・ハイエースの販売・カスタムを得意とするFLEX(フレックス)のブースにはさまざまな生活スタイルにマッチする新提案のカスタムカーが並んでいました。

フレックスが提案するのはRenoca(リノカ)というブランド。これはリノベーションカーをもとにした言葉で、フレックスがあるコンセプトに基づいて作ったクルマをベースに、好みのカラーや装備を選んで自分好みの1台に仕上げることができるそうです。
そしてトヨタ・ランドクルーザーをベースにした「リノカ」がこの106。
もとになるのは100系ランドクルーザーですが、60系を再現したフレックスオリジナルのフロントフェイスになっているのが特徴。グリルも成形し、ボンネットやフェンダーも純正並みのクオリティなところがすごいです。

こちらは女性アパレルブランド・アングリッドとコラボしたRENOCA WITH UNGRID。
ベースはランドクルーザープラドです。ハイエースもそうですが、車種的に女性が乗ってるイメージがあまりないクルマなのに、リノカブランドは女性からも支持されることが多いデザインなんだとか。
そしてこのプラドはアングリッドクリエイティブディレクターの高園あずささんプロデュースで。ヴィンテージ感あるシートカバーに張り替えられるなど内装や外装もこだわった1台だそうです。


ちなみにこの2台、どちらもフロントフェイスが変わっていて、もとの丸いイメージをあえてちょっと古めの型式の角ばったカタチをイメージして作られています。というのも年代的には80年台から90年台初頭のカルチャーを意識したデザインがリノカでも人気なんだそうですよ。

「リノカ」についてくわしく知りたいひとは北ホール10のFLEXブースへ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る