AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 東名のB110サニーはいまだ現役なのですよ!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

東名のB110サニーはいまだ現役なのですよ!【東京オートサロン2018】

50周年祭りでなにかと盛り上がっているTOMEIパワードは、オートサロンの展示でもその足跡をアピール。もっとも目立つ場所にマイナーツーリングレースで活躍したB110サニー「84号車」を飾った! KP47スターレットを展示したトムスと会場内バトル勃発か!?

ブース全景はこんなかんじ。R35GT-Rといっしょに眺めると感慨深い。会期中はギャラリーがすごくてこの写真は撮れない。つまりこれ、時間外に撮影したわけだ。こっちの話ですけど。

エンジンはA12フルチューン。二重構造のファンネルがド迫力だ。バイクで見たことあるけどクルマでははじめて見た。効果のほどはエンジンベンチで検証したそうだ。

かつてマルゼンテクニカ東名サニーとして鈴木誠一選手がドライブ、数々の好成績を収めた伝説のマシン。鈴木選手は東名自動車(TOMEIパワードの前身)の社員で、いまは弟さんが同社に勤務しているというのはマニア向け情報。そしてこのサニー、いまでもJCCAクラシックカーレースに出場している現役バリバリなのだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る