AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > スワロフスキー・ムルシエラゴとD1GPマシンの共通点【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

スワロフスキー・ムルシエラゴとD1GPマシンの共通点【東京オートサロン2018】

昨年も東京オートサロンに出典されていた、全身にスワロフスキーを散りばめたランボルギーニ・ムルシエラゴ。その隣にはドゥーラックからD1GPに参戦したフェアレディZ。まったくもって方向性の異なるこの2台の共通点とは、いったいなんでしょーか!?

メタリックピンクを塗装した上から、数人の職人さんが手作業でスワロフスキーを貼り続けること数週間。その数なんと60万個! その苦労の甲斐あってか、きらびやかに輝くピンクのボディが会場でも目立ちまくっていたんだよね。なお、手前のスワロフスキーホイールがフェラーリ純正だったりするのは正直よくわかりませんが、とにかくギラギラしてました。

こちらのZ34のようでいて、じつはフロントまわりを移植したZ33フェアレディZは、昨年タイ人のポン選手をドライバーにD1GPに参戦した車両だ。こちらもピンクに塗装されているという点はおなじだね。バンパーに貼ってある「LYZER(ライザー)」というステッカー。じつはこれが最大の共通点なり。

ライザーは主にLEDパーツを扱うメーカーさんで、車種別設定のルームランプやウインカーなどを販売してる。こちらがスワロフスキーでデコったムルシエラゴを製作したり、ドゥーラックZ33をスポンサードしてるというワケ。ちなみに会社のテーマカラーがピンクなんだって。


スマホアプリで輝くパターンをコントロールできるLEDライトなど、2018年の新作が展示されているライザーのブースは中ホール5ですよー!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る