東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 開発コード“GReddy RX”が与えられたBNR34【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

開発コード“GReddy RX”が与えられたBNR34【東京オートサロン2018】

グループA仕様のインテークはぜひ市販化を!

トラストのGReddy RXと言えば、谷田部最高速全盛期のチューニングシーンを盛り上げた名チューンドGT‐Rだ。そもそもRXというのはトラストのGT‐R開発車両を意味するネームで、これまでBNR32、BCNR33、R35に与えられてきた。
そう、BNR34にはRXが存在しなかったのだ。当時さまざまな事情があっての判断なのだけど、歯抜けは気持ち悪い。しかもBNR34は第2世代GT‐Rの最終進化モデル、最後のRB26搭載車両として世界中のフリークから愛されつづけている。

「いまやるしかない」

社内で自然とそのような流れになり、2017年にBNR 34をおよそ18年ぶりに購入。そのままRX伝統のブルーにオールペイントしてパーツ開発に着手した。
トラスト広報の川島さんいわく「トラストとしてBNR34用のパーツはすでに揃っています。今回はそれとはちがう路線、一生BNR34に乗り続けたいと願うようなオーナーをターゲットにした、ちょっとマニアックで本物志向のパーツを展開していく予定です」とのこと。
デビューからすでに19年が経過しているものの、輝きは衰えるどころか、ますます強い光を放っているBNR34。その光を守ることもチューニングパーツメーカーの仕事。トラストはそう考えているというわけだ。
BNR34オーナーにとっては、心強すぎる援軍の登場と言えるだろう。

このインテークまわりを見て「おおおおお!」と感動したひとはグループAマニア認定。このサクションのパイピングレイアウトとエアクリボックスは、トラストの開発陣がめちゃくちゃこだわって当時のグループA仕様を再現している。「むかし作ろうとしたんですけどコストがかかりすぎるのでNGが出たんです」とはトラスト開発メカ。価格、販売時期ともに未定だが、ぜひとも発売してもらいたい!


トラストブースは北10ホールです。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://protege.kiev.ua/suvenirnaya-produkcziya/pechat-na-kepkax.html

купить анаболики в украине

куртки мужские луцк