東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ロータス・ブースでカレンダーとスーパーGT観戦券をゲット!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • ニューモデル速報

ロータス・ブースでカレンダーとスーパーGT観戦券をゲット!【東京オートサロン2018】

そしてペトロナス・ブースにもロータスの姿が!

英国を代表するスポーツカーの名門、
ロータスが今年も東京オートサロンにブースを構えている。
主役は2017年にデビューしたエキシージ380だ。
併せて手の届きやすいエリーゼのスタンダードモデルも展示。
そしてうれしいプレゼントも用意されている!

エキシージ・カップ380をお披露目!

 すでに2017年にデビューしているエキシージ・カップ380だが、こうしたショーで展示されるのは今回のオートサロンが初めて。というわけで、車両概要を簡単におさらいしてみよう。

 ミッドに搭載されるエンジンは3456ccのV型6気筒DOHCで、スーパーチャージャーの過給を得て最高出力380psと最大トルク410Nmを発生し、6速MTを介して後輪を駆動する。ロータスお得意のアルミバスタブシャシーはグラスファイバーボディと組み合わされ、さらにカーボンも多用することで、1105kgというV6エンジン搭載とは思えぬ軽さを誇る。1130mmという常識外れに低い全高もロータスならではだ。

 最高速度は280km/h、0-100km/h加速は3.6秒とアナウンスされているが、それ以上に軽量ボディ&低重心がもたらす軽快なハンドリングが大きな魅力となっている。



エリーゼのベースモデルは車両重量841kg!

ロータスの現行ラインナップのなかで唯一500万円を切るベーシックグレードのエリーゼも展示。直列4気筒DOHC1.6Lが発生する最高出力は136psと、とりたてて目をひく数字ではないが、なんといっても841kgという超軽量ボディが最大の魅力だ。

エヴォーラのGTマシンはペトロナス・ブースに

エキシージ、エリーゼときたら、フラッグシップのエヴォーラも見たいところ。ロータス・ブースにエヴォーラの姿はないが、西ホール2のペトロナス・ブースにスーパーGT参戦車両が展示されている。こちらも要チェックだ。

アンケートに答えてスーパーGTの観戦券を当てよう!

 オートサロン開催中、ロータス・ブースでは魅力的なプレゼントキャンペーンを行っている。現地でアンケートに答えると、2018年のロータスオリジナルカレンダーがもれなくプレゼントされ(品切れの場合もあるので要確認)、さらに抽選で5組10名様にスーパーGT選手権(一戦分)のチケットが当たるのだ。

 ロータス・ブースは東ホール8だ。ひときわ大きなトヨタGAZOO Racingブースの向かいと覚えておけば見つけやすい。

 限りなくレーシングマシンに近いスポーツカー、英国の名門ロータスを間近で見られるチャンスをお見逃しなく!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.best-cooler.reviews/best-bison-coolers-formerly-brute-coolers-for-our-readers/

https://bestseller.reviews

www.progressive.ua