東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > SUV、ロードスターをアピールするマツダ【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • AnimeandManga編集部

SUV、ロードスターをアピールするマツダ【東京オートサロン2018】

CX-3、CX-5、そして昨年発表されたばかりのCX-8のSUV3モデルと、ロードスターのカスタマイズを提案しているマツダ(西ホール1)。「CUSTOM STYLE 2018」とネーミングされた各車はフロント、サイド、リヤのアンダースカートやルーフスポイラー、ホイールやマフラーを交換して力強さをより高めている。

CX-3 CUSTOM STYLE 2018はボディ下まわりのエアロとルーフスポイラーをブラックカラーとして、より精悍な雰囲気に。

車高調サスペンションキットと20インチアルミホイールで“個性を輝かせる走りへの美意識”を主張するCX-5 CUSTOM STYLE 2018。

ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018は、試作段階のパーツが数多く装着されており、今回の来場者の反応を今後の開発にフィードバックしていく予定。注目されるのは、リクライニングを廃したフルバケットタイプのRECAROシートだ。

シートバックは強固な剛性を感じさせつつも、過度に身体を締め付けることはない。表皮は豪華なアルカンターラ仕上げだ。

会場で販売されているグッズも見逃せない。リトラクタブルヘッドライトをアップした状態の、初代NAロードスターミニカーは当時のボディカラーを多数ラインアップ。1:43スケールで価格は8500円。

NAロードスターのレストアサービスを開始したマツダ。会場には既存の塗装を丁寧に剥がした状態の車体骨格や、ウッドステアリング、タイヤなど当時のデザインを再現したパーツが展示される。

マツダ国内向けモデルのフラッグシップSUVとなるCX-8は、ボートを牽引する状態でメインステージに展示。豊かなカーライフの相棒となるプレミアムな車格を主張している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/vitriny-nastolnye.html

https://oncesearch.com

where to get viagra