東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > workの2018年最新ホイールに注目【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

workの2018年最新ホイールに注目【東京オートサロン2018】

例年、東京オートサロンで最新ホイールを発表するワーク。今年も多くのブランドから2018年をリードする新モデルが続々登場!
鍛造プレミアムモデルのグノーシス、鋳造ならではのデザイン性を打ち出すシュヴァート、そしてスポーツモデルの定番エモーションなど、注目ホイールを多数出展。

ワークのトップブランド「GNOSIS(グノーシス)」は、メッシュデザインの鍛造2ピースHR201が新登場。鍛造ならではのエッジが立ったスポークではなく、細部までなめらかなラインで仕上げられた品質の高さがウリ。プレミアムセダンをメインターゲットに、19~22インチが設定されている。

鋳造2Pホイール「SCHWERT・QUELL(シュヴァート・クヴェル)」は、鋳造だからできるデザイン性の高さがポイント。スポーク表面のなめらかさ、ふくらみと落とし込みのメリハリなどは、鍛造では表現できない複雑なデザインが可能になるのがメリットだ。マルチスポークの「REGNITZ(レグニッツ)」も同時ラインアップ。サイズは共に19~21インチ。

スポーティホイールとして人気の「WORK EMOTION(ワークエモーション)」からは、これまでありそうでなかった5スポークのT5Rがランアップ。画像のマットブラックのほか、細かいパールが施されたアイスホワイトなどカラーバリエーションは3色。サイズは17~19インチが設定されている。


ホール8にあるワークのブースでチェックしよう!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る