東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > 【速報】スバル×STIがSUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTを発表【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • HYPER REV編集部

【速報】スバル×STIがSUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTを発表【東京オートサロン2018】

STI Sportをさらにカスタマイズしたモデルも展示

SUBARUは、STI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)と共同で、東京オートサロンにブースを出展。初日となる1月12日、平川社長によるプレスカンファレンスが実施されたとともに、東京モーターショーに出品された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT]をベースに、STIがカスタマイズした「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」を発表した。

「STIが約30年間にわたってモータースポーツ活動やコンプリートカー開発などで、ノウハウとともにアイデンティティと哲学をはぐくんできました。モータースポーツで勝利し、そしてコンプリートカーを作ってきました」とSTIの平川社長。
2018年も、スーパーGTやニュルブルクリンク24時間レースに参戦することを発表するとともに、市販車と共通のマシンでトップカテゴリーに挑む決意を表明した。

ブースには、スバルのクルマ作りのフィロソフィーである「走りを極めれば安全になる」という考え方のもと、STIがさらに走りの質を高めた「LEVORG STI Sport -STI Persormance-」と「SUBARU BRZ STI Sport -STI Performance-」も出品されている。

また、ブースではスバル×STIの30年間の歴史や今後の取り組みが詳しく特集された「SUBARU Spirit 2018 Special Edition」を配布中。

ブースは東ホール7。



自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る