東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > RAYSブースのタモンデザインS2000が斬新【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

RAYSブースのタモンデザインS2000が斬新【東京オートサロン2018】

西ホール1にあるRAYSブースでは、新作ホイールが展示されているだけでなく、各メーカーが製作してきたデモカーにもそれらホイールが装着されている。なかでも注目なのは中央に展示されているタモンデザインのS2000だ。
 こちらは2008年に発表されたエアロキットをベースに、近年の流行に合わせ、前後にワイドフェンダーをプラス。ヘッドライトやテールランプもLEDにカスタムされており、現行車種にも負けない存在感があったのだ。

「世界的にみるとまだまだ熱い車種のS2000を使って、いろいろな分野のプロとコラボしました」とタモンデザイン代表の庄司さん。ヘッドライトやテールランプ、内装、外装と、それぞれのプロフェッショナルと構想段階から話し合い仕上げてきたそうだ。


エアロの形状も独特でカッコいいけど、ティンプル加工されたシートが貼られていたり、アルミ調のシートが貼られていたり、外装の素材感にも注目なのだ。


RAYSブースは西ホール1ですよ〜!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る