AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/03
  • 遠藤正賢

レンジローバースポーツに装備充実の限定車「ソリハル」「マスターピース」登場!

3.0L V6ディーゼル搭載車をベースにコネクティビティ機能やドライバー支援システムを満載

ランドローバー・レンジローバースポーツ・ソリハル
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは12月27日、ランドローバーの高級ミドルラージSUV「レンジローバースポーツ」に15台限定車「ソリハル」および60台限定車「マスターピース」を設定。同日より受注を開始した。
ランドローバー・レンジローバースポーツ・マスターピース

両モデルとも、258ps・600Nmを発生する3.0L V6ディーゼルターボエンジン(TDV6)を搭載。さらに、直感的なタッチ操作が可能な10.2インチのインフォテインメントシステム「インコントロール・タッチプロ」に「インコントロール・プロテクト」と「インコントロール・コネクトプロ」の機能を備え、スマートフォンのアプリを介して、走行履歴や車両状態を確認したり、車両から離れた場所でインターネットを介してドアのロックや解除、エアコンの操作を可能とした。

また、車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシスト、駐車時のステアリング操作を自動で行うアドバンスド・パークアシストなどのドライバー支援システムも充実させている。

さらに、「ソリハル」は中間グレード「HSEダイナミック」をベースに、サテンブラックのミラーキャップ、テールゲートおよびボンネットの「RANGE ROVER」スクリプト、ダークフィニッシュのヘッドランプおよびリアテールランプ、サテンブラックフィニッシュの22インチのアロイホイールを標準装備した。ボディカラーはシリコンシルバーのみ、価格は12,300,000円。

また、「マスターピース」は廉価グレード「SE」をベースに、車やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリーパワーテールゲートや前後シートヒーターを搭載し、利便性・快適性を高めている。ボディカラーはフジホワイト(限定25台)、サントリーニブラック(限定20台)、コリスグレイ(限定15台)の計3色。価格は8,990,000円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る