AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/30
  • GENROQ編集部

【年末特別企画】ポルシェ クラシックの世界②ポルシェ クラシックのレストア

本拠地に見る「ポルシェクラシックパートナー」の真髄

Porsche Classic Partner
ポルシェセンター青山 世田谷、ポルシェセンター名古屋につづき、ポルシェセンター横浜 青葉も加わるなど、日本においてもネットワークの拡充を見せている「ポルシェクラシックパートナー」。では、本国のポルシェクラシックではどのような作業を行っているのか? 今回特別にその本拠地を訪れ、作業工程を見学することができた。

REPORT◎藤原よしお(Yoshio Fujiwara) PHOTO◎ポルシェジャパン

前回レポートした1964年型ポルシェ911(901)No.57など、ポルシェ・ミュージアムの所蔵車に関するレストアやメンテナンスは基本的に、ミュージアム1階にあるワークスペース(ガラス張りなので外からも見学できる)で行われているのだが、一般の顧客から請け負ったレストア、メンテナンスについては守秘義務の都合もあり、ポルシェ本社からクルマで30分ほど走った先にあるポルシェクラシック専用の施設で行われている。

地下1階、地上2階建ての建物は広大なもので、地下が作業待ちのクルマたちやスペアパーツなどの保管場所。2階が鈑金、塗装スペース、そして3階がエンジンなどメカニカルパートのO/H部門と、8基のリフトをもつアッセンブリー&メンテナンス・スペースとなっていた。

「2014年には7箇所だったクラシックパートナーは、2017年現在世界60箇所に広がっています。ポルシェクラシックではレストア、メンテナンスの他にクラシックパーツの開発、再生産、販売も行っており、約5万2000種類のパーツをストック。さらに年間約300種類のパーツの生産も行っています」

と語るのは、マーケティング部門の責任者であるフィリップ・サイモン。基本的にクラシックの対象となるのは生産から20年が過ぎたモデルで、今や996、986ボクスター、さらにカレラGTもその対象となっているという。

フルレストア中の911カレラRS2.7のボディ。完全に剥離されたうえで傷んだ部分を鈑金、補修した状態になっている。すでに黒いプライマーが塗られているパネルは、ポルシェ純正の新品パーツを使用している部分。

これまで生産されたポルシェのうち約70%が今も生き残っていると言われるように、ポルシェクラシックでは現時点で世界中におよそ65万台のクラシック・ポルシェが存在していると見積もっている。そのためにも幅広い年式の様々なモデルのパーツを充実させることに注力しており、2017年度は356Aのブレーキドラムから、964用のエアバッグセンサー、トランスミッションカバーなどの再生産を手がけたのだそうだ。

その後、サイモンの案内で各フロアでの作業過程を見学したのだが、そこで見たのは、オリジナリティの保持と伝統の技術の継承を施設全体で貫く徹底した姿勢だった。

例えば、エンジン&ギヤボックスのO/Hパート(朝6時30分から2人の職人が作業に取り掛かっている)では、オリジナリティを重視して基本に忠実な作業を行っているのはもちろんのこと、約2年の月日をかけて後任に技術を引き継ぐ努力も行われているという。

エンジン部門は基本的に2人のメカニックが常駐。昔から使われていた工具を駆使し、1基ずつ丁寧にオーバーホールを行っている。また後進の育成にも積極的で、2年かけて一人前のメカニックに育て上げるのだという。

また鈑金部門では、数カ所のブースで同時進行的にナロー911のボディレストアが行われていたのだが、興味深かったのは最新の技術やマテリアルも使いながらも、パネルの接合部にパテでなくハンダを盛る昔ながらの工法が採られていたことだ。それゆえ工場には当時の工具はもちろん、356や911、928など全車種のジグが大切に保管、活用されているのである。

その理由は簡単。オリジナルに準じたパーツ、技法で直していれば、数十年後のレストアする際もワークショップマニュアルどおりに問題なく作業ができるからだ。そう、彼らのレストアは“今、綺麗にする”のが目的ではなく、“数十年後の世界に正しい形で継承する”ことが最終目的……ということなのだ。

エンジン、ギヤボックスのO/Hやアッセンブリーだけでなく、鈑金、塗装もすべて内製で行っているのもポルシェクラシックの特徴のひとつ。パネルの叩き出しから、切り継ぎ、補修まで熟練した職人たちの仕事は見事。

現在ポルシェクラシックで行われているフルレストアは、市販のロードモデルのみが対象で、1年に10台のペースで仕上げるのが限界。今も世界中から多数のオーダーが入っており、地下のストレージには多数のレストア待ちのクルマが保管されていた。

ポルシェクラシックでは、こうしたレストアやパーツ製作の業務のほかに、各種イベントにも積極的に参加、2017年には928の生誕40周年をニュルブルクリンクのオールドタイマーGPなどで盛大に祝ったほか、英国グッドウッド・リバイバルには2010年から毎年出展を続けている。

ちなみに、今年2018年には964の30周年が控えているとのことで、内外で様々な活動が見られそうな気配である。

ポルシェクラシックの強みのひとつが、50年代、60年代から生産ラインで使用されていたジグが残されていることだ。ボディを歪ませないための固定具ゆえ、その見た目以上に頑丈で重い。
新品パーツとオリジナルの形状が異なっている部分は、しっかりと鈑金で形状を修正。当時の製作工程にならい、各パネルの合わせ目や、チリ合わせはハンダを盛って行われている。
建物2階にあるアッセンブリー&メンテナンス・スペース。ゆとりをもって機能的に配置された8基のリフトはいつもフル稼働。可変トルクスプリット式の4WDをもつ959はポルシェクラシックが得意とする車種のひとつ。
地下1階にある入庫車の待機スペース。我々が訪れたときも356から959、993GT2など、様々なモデルが保管されていた。このほか大量のパーツや工具などもストックされている。

《予告》【年末特別企画】ポルシェ クラシックの世界③ポルシェ ミュージアム(12月31日 18:00 頃 公開予定)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.proffitness.com.ua/%D1%82%D0%BE%D0%B2%D0%B0%D1%80%D0%BD%D0%B0%D1%8F-%D0%BA%D0%B0%D1%82%D0%B5%D0%B3%D0%BE%D1%80%D0%B8%D1%8F/%D0%BE%D1%80%D0%B1%D0%B8%D1%82%D1%80%D0%B5%D0%BA%D0%B8/

Нашел в интернете важный веб сайт на тематику криптовалюта.
1or0.info/%E5%88%A5%E3%82%8C%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9/osaka01.html