AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/28
  • AnimeandManga編集部

単なる配達専用機じゃなかった!? スーパーカブ110プロの実力試乗レポ

実走燃費はガソリン1000円分で500km以上と判明

前カゴに置いたクリスマスケーキ、上手に運べるかな?

そして翌日(クリスマスイブ)の晩には自宅からちょっと離れたケーキ屋さんまでスーパーカブ110プロを走らせた。ケーキの運搬はクルマでも気をつかうものだが、あえてのチャレンジである。無造作に前かごにケーキを置き入れ、特に気を使うことなく走り帰ってみる。デコレーションが箱の中で動き崩れることも覚悟の上だったが、蓋をあけると見事に原型を留めていたのにはビックリ。サスペンションも含めた走りの穏やかさと快適な乗り心地には感心させられた。
そしてなにより、小径ホイール故のクィックさと、低速域からの立ち上がり加速力とのバランスが絶妙で、狭い道路でもスイスイと自由自在にU ターンが決められる、その軽やかさは特筆である。U ターンの苦手なビギナーライダーに、今後大きなバイクを乗ることを見据えての練習用にもおすすめしたいほどだった。

実走燃費は69.0km/L

最後にもうひとつ。今回の実用燃費率はナント69㎞/Lを記録した。特に省エネ走行を意識しない普通(むしろ雑なくらい)の乗り方だったにも関わらず、カタログ値(WMTCモード値:67.0km/L)を上回る好結果には驚きを隠せない燃料代に2000円も使えば約1000㎞以上走れてしまう計算は、嬉しい限りである。

ご覧の通りちょっと懐かしいフィルムバッグ(クーラーボックス)もスッポリ。フレームマウントなのでハンドル(舵)の動きに関係なく安定性も高い。
今回から採用されたLED 式ヘッドランプは前かご前方にセット。通常のランプ位置にはキーONで点灯するポジションランプを装備。バスケットに荷物を満載しても前照灯を邪魔しないデザインだ。

スーパーカブ50/110よりも大型のリヤキャリア。その寸法は382 ×525mm 。大きなボックスの搭載はもちろん、多彩な荷物の運搬に適応できる。さらにフラットスペースは自在な活用が可能。
流石商業用と思わせる堅牢で巨大なスペースがこれ。ごらんの通り、ゴムバンドで固定する前から荷物は既に安定している。

懐かしのサイドカバーが復活。左は書類や僅かな車載工具が納まる。右はヒューズボックス。収納スペースは特に無い。蓋を開けるには工具が必要。ビスをコインで回すのは辛いからだ。
便利に活用できるコンビニフック。ノーマルカブと同様、レッグシールド左内側に標準装備されている。
バリアブルピッチスプリングが露出した専用のリヤショックを採用。その前方にはヘルメットホルダーを装備。

パイプアップハンドルの左側には、懐かしい雰囲気にバフ掛けされたスイッチ。ホーンボタンとディマー(光軸の上下切替)スイッチのみ。シンプルで扱いやすい。
標準カブと違って、プロは右手でウインカー操作ができるようになっている。

こちらもプロ専用の装備。前ブレーキにはロックメカが採用されていてサイドブレーキとして機能する。ロック操作は人指し指でワンタッチ。ブレーキレバーを握り込むと解除できる。
大きく見やすいアナログ表示のスピード&オドメーター。トリップメーターや時計は無い。

重い荷物を運搬することを想定して、サイドスタンドが曲がったり折れたりしないように補強されている。
スーパカブ110プロインプレッション動画

■Specifications■
・車名・型式:ホンダ・2BJ-JA42
・全長(mm):1,860
・全幅(mm): 720
・全高(mm) 1,050
・軸距(mm) :1,225
・最低地上高(mm):131
・シート高(mm):740
・車両重量(kg):109
・乗車定員(人):1
・燃料消費率:国土交通省届出値・定地燃費値65.0km/L
WMTCモード値67.0km/L
・最小回転半径(m):1.9
・エンジン型式:JA10E
・総排気量(cm³):109
・内径×行程(mm):50.0×55.6
・圧縮比:9.0
・最高出力(kW[PS]/rpm):5.9[8.0]/7,500
・最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) :8.5[0.87]/5,500
・燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
・始動方式:セルフ式(キック式併設)
・点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
・潤滑方式: 圧送飛沫併用式
・燃料タンク容量(L):4.3
・クラッチ形式: 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
・変速機形式:常時噛合式4段リターン
・変速比:1速2.615/2速1.555/3速1.136/4速0.916
・減速比(1次/2次):4.058/2.142
・キャスター角(度)★ 26° 30´
・トレール量(mm): 57
・タイヤ:前70/100-14M/C 37P/後80/100-14M/C 49P
・ブレーキ形式:前/後機械式リーディング・トレーリング
・懸架方式 :前テレスコピック式/後スイングアーム式
・フレーム形式:バックボーン

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る