AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/20
  • AnimeandManga編集部

日本のトンネル技術が敗退!? 険しく長すぎる国道152号線を完全走破!【酷道で南アルプス越え!(酷道険道:静岡県/長野県)】プジョー308SW

連載コラム「酷道を奔り、険道を往く」Vol.4

左に鳥居、右にご神木……この静謐な空気がたまらない。林道青崩線にて。
静岡県浜松市から長野県上田市を結ぶ国道152号線。
その全長は約260kmにもおよび、途中で 2ヵ所、
国道が分断されていて迂回を強いられる。
そんな、日本屈指の「ザ・酷道」を、プジョー308で完全走破する。

TEXT:小泉建治(KOIZUMI Kenji) PHOTO:平野 陽(HIRANO Akio)

とんでもない酷道の予感

ツーリングマップル(昭文社刊)には、こんな物々しい文言が!

 ある日、ふと思ったのである。「国道152号線、これはとんでもない道かもしれない」。数年前のことである。地図をぼ~っと眺めていて、南アルプスの西側を、険しい山脈に沿って静岡県の浜松から長野県の茅野に向かって延々と北に延びている国道が目に留まったのだ。

 浜松から茅野!? 関東に住む者にとって、浜松と茅野は感覚としてまったく結びつかない。浜松は東名か新東名、茅野は中央道で行く場所だ。もはや別世界。東急東横線と西武新宿線くらい違う。こんなに長い距離で、しかも南アルプス沿い……酷道の予感である。

 とまぁ、それから1、2年ほど、国道152号線は浜松と茅野を結ぶ魅惑の酷道、と認識していたのだが、よくよく見ると終点、もしくは起点は茅野ではなく、さらに北へ60kmほど先にある上田ではないか。

 なんで見落としていたのか理解不能だが、思うに茅野より北は白樺湖など風光明媚な観光エリアを通るため、勝手に“酷道”152号線のイメージから除外していたのかもしれない。実際、高遠より北は特に国道152号線と意識することなく何度も走ったことがある。

 いずれにせよ、浜松から上田となれば、もはや東横線と新宿線どころじゃない。東武伊勢崎線くらい違うじゃないか! あ、もちろん距離だけがポイントだったわけではありませんよ。最も惹きつけられたのは、なにやら途中で2ヵ所ほど、国道が分断されている場所があること。とくに南側のひとつ、青崩峠には名前からして物々しさが漂う。

 ツーリングマップル(昭文社刊)には「日本のトンネル技術が敗退」などと記されている。幸い迂回できる林道もあるのだが、そちらの峠はヒョー越といい、これまた妙な迫力を醸し出している。かつて無敵を誇ったロシアの格闘家、ヒョードルみたいだ。ヒョードルに勝つことをヒョー越と言ったりして。それじゃあヒョー越は無理かもね。いや、ヴェウドゥムもビッグフットもダンヘンもヒョードルに勝てたんだから、自分も頑張ろうじゃないか。

 そんなこんなで、機は熟した。

青崩峠とヒョー越

峠越えが不可能と知りつつも、ヒョー越方面への迂回路との分岐点を越えて青崩峠へ向かう。今回の旅において最も「酷道険道」 らしさに溢れる区間だ。このまま進むと未舗装路となり、やがて車両通行止めとなる。

 東名高速を浜松ICで降り、北島交差点から国道152号線の旅を始める。新東名高速の浜松浜北IC、天竜二俣駅を過ぎ、秋葉街道と呼ばれる区間に入る。

 予想に反し、対向2車線の快走路が続く。交通の流れもまずまずだ。ずっとこんな感じなら楽勝かも。だが「飯田99km」の道路案内板を見て、途方に暮れる。飯田なんて、全行程の中間地点にもならない。

 「いま30~40km/hで走っているから、そのままのペースで走ったとして3時間。でも撮影を挟むし、そうすると……」とかなんとか、無意味だとわかっていながら不毛な計算をしてしまう。

 浜松から1時間半ほど北上を続けると、水窪(みさくぼ)という町が現れる。聞き慣れない地名だし、事前に地図で確認したときには限界集落のような寂しげな町並みを想像したが、なんだか妙に活気がある。

 人口が多いはずもないし、とくに目立った産業があるわけでもなさそうだ。青崩峠の手前であり、東西方向に走る幹線道路と交差しているわけでもない。最果ての地と言っても差し支えあるまい。

 結局、なんで活気があったのか理由ははっきりしなかったが、行ってみなければわからないことは多いということだけは確かだ。

 水窪を過ぎて8kmほど進むと、いよいよ最初にして最大の難関、青崩峠とヒョー越への分岐点に辿り着く。どこまで行けるか知らないが、とりあえず青崩峠を目指す。

「林道青崩線」に向けて分岐を右へ逸れれば、いきなりグググ~ッと道幅が狭くなり、期待通りの酷道険道のお出ましだ。

 うっそうとした森の中を牛歩戦術で前進すると、ほどなくして左手に鳥居が現れる。いかにも樹齢何百年といった立派な木々に囲まれ、これぞ日本の原風景と言うべき、神々しさに溢れている。

 本ページ最上段のメイン写真が、まさにその場面である。神社が道に面しているというより、道そのものが神社の一部で、そのなかをクルマで走らせてもらっている感覚だ。なんだか自然と背筋も伸びてくる。神社の名は足神神社といい、かつて峠越えで足を痛めた北条時頼がこの地で治療し、その感謝の意を込めて祠を建立したのが始まりだという。

 足神神社を過ぎると道はいよいよ急峻さを増す。滑り止めのための深い溝が刻まれ、ほとんど階段を上っているかのようだ。

 そしてついに未舗装路となる。車両通行止め地点ももうすぐのはずだが、道幅がどんどん狭くなってほとんど登山道のようになり、進退窮まる寸前になってしまった。クルマを置き、歩いて峠まで進んでみる価値もあるだろうが、なにしろ先は長い。クルマやタイヤにダメージがあってもいけない。そろそろ潮時と判断し、Uターンすることにした。

 青函トンネルを、東京湾アクアラインを、そしてアジアとヨーロッパをつなぐトンネル───イスタンブールのマルマライ・トンネルをも開通させた日本の技術をもってしても太刀打ちできなかった青崩峠……。ここまで肉迫できただけで大満足である。

 先ほどの分岐点まで戻り、今度はヒョー越に向かう。こちらは青崩峠に比べると快適そのもの。草木トンネルを過ぎてしばらくするとセンターラインが消えて幅が少々狭まるが、すれ違いは容易だし、路面状態もいい。

 ヒョードル越え、もといヒョー越はあっけなかった。峠に眺望はほとんどなく、駐車場のようなスペースとトイレがあるのみ。

 磐田ナンバーのヤマハ・トリシティに乗ったオジサンがおにぎりを食べていたので、「ここ、ヒョー越ですよね。景色のいい所はありますか?」と聞いてみると、「ヒョー越? よくわからんなぁ」との答え。

 いかにも地元民という風体だったので肩透かしである。諦めきれずしばらく歩き回ってみたが、薄暗い林が続くばかり。ただ、気を取り直して走り始めると、ヒョー越を過ぎた長野県側はしばらく眺望のいい区間が続いた。

 余談ながらヒョー越ではもう一台、浜松ナンバーのスズキ・イグニスが休憩していた。ヤマハに乗る磐田市民と、スズキに乗る浜松市民……すばらしい郷土愛ではないか。

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
kamod.net.ua/

www.best-cooler.reviews

www.militarycenter.com.ua/