AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/30
  • AnimeandManga編集部

安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム プジョー403

名車と聞けば馳せ参じる安部譲二、波乱万丈のクルマ人生!連載第2部スタート!【Vol.26】プジョー403

イラスト:鐘尾 隆
作家・安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム『華麗なる自動車泥棒』連載第2部スタート!クルマが人生を輝かせていた時代への愛を込め、波乱万丈のクルマ人生を笑い飛ばす!月刊GENROQ‘97年4月から56回にわたり連載された『クルマという名の恋人たち』を、鐘尾隆のイラストとともに掲載。青年期からギャング稼業時代、そして作家人生の歩みまで、それぞれの時代の想いを込めた名車、珍車(!?)が登場します。稀代のストーリーテラー安部譲二のクルマ語り!
(文:安部譲二 イラスト:鐘尾 隆)

第26回 プジョー403

 パリに住んでいたアラン・ギデロドニは、とても巨きな男でした。
 身長は178㎝の僕より3㎝ぐらいは高くて、若い頃は67㎏のウエルター級でメインエベンターのボクサーだったのに、50歳を過ぎた85年には、丸々と肥って110㎏を超えていたのです。
「肥ると相手の撃った弾丸が、よく当たってしまうようになる」
 94年は1発だけど、95年は2発も当たってしまって、病院で抜き取ってもらったと、久し振りで東京に来て僕と会ったアランは、訛りの強い英語で言いました。

 アランは古い友人で、最初にパリで会ったのが63年でしたから、もう35年のつき合いになります。
 潰れた鼻のタフなアランは、その当時はパリの下町に住んでいました。
 フランス暗黒街映画((フィルム・ノワール)を毎日、ロケではなくて実際にやっていたアウトローだったのですが、僕とはとても気が合ったのです。
「お前さんのフランス語より、まだ俺の英語のほうがいくらかましだ」
 と、63年の初対面の時にアランは笑って、それからはずっと僕たちは、英語で話すと決めていました。

 66年の春に、日本に居られなくなって物価の安いポルトガルで、ほとぼりを冷ましていた僕が、退屈に堪りかねてパリに行くと、空港まで迎えに来てくれたアランは、
「なんで2週間前にこなかったんだ」
 と、叫んで僕のボディに、軽くですが得意のフックをめり込ませたのです。
 つい2週間前に、それまでは誰とでも寝ていた女優のミレイユ・ダルクが、アラン・ドロンの専属になってしまったと、アランが言ったのを聞いて、若かった僕も、それは残念なことをしたと心から思いました。
 アランは黒く塗った品のいい小型車に乗っていて、僕が訊いたら、
「プジョーさ。俺たちにはこのクルマが一番いいんだ」
 なんて言ったのです。

 フランスのギャングはアメリカ車が大好きで、大物は皆、キャデラックやリンカーン、そうでもなければクライスラーかビュイックに乗っていましたから、
「どうしてアランは、こんな品のいいフランスの小型車に乗っているんだい」
 助手席の僕が言うと、太い腕でハンドルを握っていたアランは、頭を左右に振って肩をすぼめて呟きました。
「ボスはニューヨーカーで、兄貴はリヴィエラに乗っているけど、俺はまだ若い衆だからこのプジョーだ」
 これが一番いいのだと、アランは繰り返したのです。
 そんなにいいのなら、運転させてみろということで、途中で代ってホテルまで僕が運転したのですが、別にとりたてて何ということもありません。
 シトロエンやシムカ、それにルノーといったクルマと、それほどアランの言ったほどの違いがあるとも、僕には思えませんでした。
 普通に走るのには十分な、極く平均的で穏やかなエンジンで、足まわりもブレーキも当たり前なのです。
 どうして暗黒街の若い衆には、このプジョーが一番なのだろうと、ホテルの前まで来た僕が怪訝な顔をしたら、その時アランはクルマの天井を指差して、
「これだよ」
 と、言いました。

 何のことだが、それだけではとても分かりません。
 僕が不思議そうな顔をしていたら、アランは笑って太い腕を伸すと、スライディングルーフを開けました。
 目を上に向けたら青い空が見えて、淡い雲が浮かんでいたのですが、まだこのプジョーがどうして、一番いいのか僕には分かりません。
「何か投げる時でも、散弾銃や自動小銃で撃つ時でも、窓からやるより、助手席に立ってこのスライディングルーフからやるほうが、ずっと具合がいいんだよ」
 標準仕様でスライディングルーフが、ついているのはプジョーだけなのだと、不敵なパリの若いギャングは、その時、日本の同業者の僕に言い放ったのです。

 そんな旧友のアランが、日本にやって来た85年は、足を洗って小説家を目指していた僕がまだ単行本が出ずに、悪戦苦闘していた頃でした。
 ギデロドニという姓は、舌がもつれて僕にはうまく発音できません。
「やあ、随分肥ったな。ヘビー級でカムバックする気かい」
 ホテルのロビーで握手した僕が叫んだら、アランの連れていた30歳ぐらいのボディガードが、眉の端をピクピクさせました。
 フランス人は積極的には話しませんが、隣りの国の言葉なので英語は分かります。
 若いボディガードは、「親方に詰らない冗談を言う日本人だ」と、思ったのに違いありません。
「日本人は魚と米しか喰べないと聞いているのに、お前さんも随分肥ったぜ」
 どうしているのだとアランが訊いたので、
「才能が足りないとハッキリ分かったので、俺は足を洗って小説家になろうとしているよ」
 と、僕が言ったら、肥った初老のパリギャングは笑って、
「ペンネームは、ナオ・ジョヴァンニにすればいいよ」
 なんて言いました。
「穴」や「気ちがいピエロ」で有名なジョゼ・ジョヴァンニも、小説家になる前はギャングだったのです。

 その頃の僕はまだ単行本が1冊もなくて、とても貧乏でした。
 乗っていたのはホンダのシティのセコハンで、それを見たアランは、自分に運転させろと言って、呆れたボディガードを後ろのシートに押し込めると、僕をコ・ドライバーズシートに乗せて東京の街に出たのです。
 アランもクルマが好きな男でした。
「ウン、これはルノーのゴルディニと、ちょっと似た味がある」
 なんて言ったアランに、あのスライディングルーフのプジョーは、どうしたと僕が訊いたら、
「ああ、あのプジョーね。随分前のことだな……」
 今ではキャデラックのリムジンに乗っていると言って、
「俺は才能もあったし、それに長年、努力もしたから親分になって、もうスライディングルーフのプジョーには乗らなくてもいい」
 アランは呟いたのです。
 それで、わざわざ日本に来た用事は何だと僕が訊いたら、アランは微笑むと、
「足を洗って小説家になろうとしているのなら、ナオには言わないさ」
 誰かフランス語か英語を喋る、頭がよくて仕事が出来る男を紹介して欲しいと言いました。
 小さなセコハンのシティに乗っている僕を見れば、足を洗って貧乏しているということは、アランにも察しがついたはずです。
 それでも日本に来た仕事の内容は、僕には明しませんでした。
 何も言わなくても、足を洗おうとしている僕に対する、アランの深い友情は分かったのです。

 見事に小説家になったら、パリに遊びに来い、またピエドコションで一緒にやろうと、肥ったパリのギャングは言いました。
 98年は久し振りでパリに行く予定があるので、アラン・ギデロドニと旧交を温めようと、僕は思っているのです。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://karter-kiev.net

https://progressive.com.kz

Узнайте про авторитетный веб портал про направление личный гороскоп.