AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/26
  • AnimeandManga編集部 小泉 建治

マツダの社長車にも決定! CX-8はSUVというよりも高級サルーン【試乗記】

3列シートを持つSUV……なのに生活臭やアウトドア臭がゼロ! 都会派を極めたCX-8の目指す方向は?

多人数乗車を求める声に応えるマツダからの回答は、3列シートを持つクロスオーバーSUVだった。
しかしこのCX-8、先に登場した弟分のCX-5と同じく、ことごとくSUVの匂いがしない。
エクステリアも、インテリアも、そして走りも、まるで高級サルーンの如き立ち振る舞いなのだ。

REPORT&PHOTO◎小泉建治(KOIZUMI Kenji)
2015年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「RX-VISION」で提案された流麗で躍動感に溢れるデザイン言語をうまくSUVに落とし込んだエクステリア。

生活感はゼロ! 妖艶すぎるインテリア

CX-5にも通じる高級クーペのようなコクピット。ホワイトレザーシートが潔い。

もうミニバンは作らないと宣言したマツダ。一貫した流麗なデザイン、ダウンサイジングターボには手を出さない、ディーゼルは積極果敢に展開、MTを多くのモデルにラインナップ……など、本格的スポーツ路線を突っ走る同社のブランドイメージを明確にするためにも、ミニバンとの決別はとても理にかなった選択だと筆者も思う。だが、そうはいっても3列シートを望む声は少なからず市場にはあるわけで、それに応えるマツダからの回答がCX-8というわけだ。

しかしこのCX-8、SUVであり、なおかつ3列シートを持つくせに、ことごとく生活臭もしなければアウトドア臭もしない。まず外観だが、CX-5と同様に高級サルーンもしくは高級クーペのようなスカしたデザインで、これで未舗装路に足を踏み入れようなんて気はまず起きない。そしてドアを開ければ、眼前に広がるのは真っ白なレザーシート! 子供にポテトチップスでもボロボロこぼされたら発狂するよ私は。

でも、ファミリーカーなのにポテトチップスをこぼされたときのことなど考えず、躊躇なくホワイトレザーシートを設定してきたマツダの心意気に筆者は賛辞を送りたい。クルマでもマンションでもそうだが、ファミリー向けとなった瞬間、急に生活臭にあふれる残念な佇まいになってしまうのが我が国の常だ。でもCX-8なら、家族思いなんだけれどどこか危うさを感じさせる男(もしくは妻)を演じられる(演じるだけで十分満足です)。さすが「広島の欧州車」の異名を取るマツダである!


走りは、まんまスポーツサルーン!

インパネにはユーノス・コスモ以来(!)となる本杢が貼られる。こんなところもやっぱり高級パーソナルカーだ。

走り出してみると、その思いは一層強くなる。エンジンは2.2Lの直列4気筒ディーゼルだが、アイドリング時には車内にいる限りまずディーゼルだとはわからない。回転を上げていってもディーゼル特有のガラガラ音はまったく聞こえず、トゥルルルルッとキメの細かいハミングを口ずさむのみである。そしてさらに踏み込んでいくと、グオオオオッと勇ましい咆哮を伴いながら猛烈に加速していく。同じ2.2Lディーゼルを積むCX-5と比べると最高出力が15ps、最大トルクが30Nmも向上しているが、車格も上がったし、燃費よりも運動パフォーマンスに振ったチューニング変更が施されたのかと思いきや、そんな簡単な話ではなかった。なんとピストンやインジェクターが完全に刷新されるほどの変貌を遂げていたのである。

低速域におけるアクセルレスポンスのマナーもすこぶる良好で、敏感すぎず鈍感すぎず、微妙なコントロールがしやすい。ディーゼルターボやダウンサイジングターボには「一瞬のタメのあとに怒濤の加速」といった特性を持つものが少なくないが、CX-8は自然吸気ガソリンのようにリニアに反応してくれる。このあたりにもタフなオフローダーの影は一切感じられず、あくまで上質なサルーンの如き立ち振る舞いだ。
 

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

AnimeandManga Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る