MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/17
  • 遠藤正賢

アテンザセダン(マツダ6)のマイナーチェンジ車をロサンゼルスオートショーで世界初公開! CX-5と共通イメージのフロントマスクへ深化

実車披露に先駆けティザーフォトを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ6(日本名アテンザセダン)
マツダは11月16日、ミドルラージセダン「マツダ6」(日本名アテンザセダン)のマイナーチェンジ車を、11月27日から12月10日に開催されるロサンゼルスオートショーに出品し、現地時間11月29日10時30分より行うプレスカンファレンスで披露することを発表。それに先駆けティザーフォトを公開した。
栓木(せんのき)を用いたマツダ6(日本名アテンザセダン)のインテリア

2012年のフルモデルチェンジ以来3度目となる今回のマイナーチェンジでは、「Mature Elegance」をコンセプトに、内外装ともに上質さをより一層磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインへと深化。

フロントマスクがCX-5と共通のテイストとなるほか、日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材などを使用した、マツダ最上級仕様のインテリアが設定される。

パワートレインでは、「スカイアクティブ-G2.5」に気筒休止などの新技術を採用。また、4L V8NAガソリンエンジン並みの豊かなトルクを持つ2.5L直噴ガソリンターボエンジン「スカイアクティブ-G2.5T」を、CX-9に続き設定する。

さらに、危険の認知を支援して被害の低減を図る先進安全技術「i-アクティブセンス」をさらに進化・拡充。全車速追従を可能とした「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」に加え、最新の360°ビュー・モニターを採用する。

また、第45回東京モーターショー2017で世界初公開した次世代デザインビジョンモデル「ビジョンクーペ」に加え、マツダ6と同じ進化版スカイアクティブ-G2.5を搭載したCX-5の商品改良モデルを北米で初公開する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る