AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/02
  • AnimeandManga編集部 山田 俊輔

【新型クロスカブ完全解説】じっくり眺めて、乗ってみた/2019.02.22更新

新車試乗から最新カスタムまでクロスカブ 情報を完全網羅

【2月22日情報更新・記事追加】

見ているだけで欲しくなる、クロスカブ110詳密解説

2018年2月23日発売の新型クロスカブ110
2018年2月23日発売の新型クロスカブ110
新型クロスカブ50(左)と新型クロスカブ110。ホイール径がそれぞれ異なり、50ccモデルは14インチの小径を選択する。
カジュアルなデザインは、都会にも馴染む。
ヘッドライトが小ぶりになり、バルブにはLEDを初採用。
アウトドアやウッド系との相性も良好。
多少のギャップなら難なくこなす17インチのスポークホイール。
自慢の積載力はショッピングにも大活躍。
レッグシールドレス化した車体やバーハンドル仕様といった部分がスーパーカブとは異なる装備。
先代の直線的なデザインとは異なり、往年のカブらしい曲線を用いたテール周り。
軽量、スリム、足つき性に優れると、ユーザーフレンドリーな設計も人気の理由。
アウトドアやトレッキングシーンとの相性も高い。
エポックメイキングなデザインとカラーリングが人気の理由。
カスタムせずとも、個性をほどよく主張できる
17インチホイールを前後に履くクロスカブ110は、少し足場が悪い程度ならば問題なく走れる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る