AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/01
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

難波治のデザインウォッチング 東京モーターショー編 6 スズキ e-SURVIVOR(イー・サバイバー)

前スバル デザイン部長・難波 治がコンセプトカーのデザインを解説

e-SURVIVOR(イー・サバイバー)
スズキは、難波さんがデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた会社。その意味ではここも古巣。本命のe-SURVIVOR(イー・サバイバー)の前にまず、眼に入ったのは、XBEE(クロスビー)だった。

これが1.0ℓエンジンを搭載したXBEE(クロスビー)

ーこれは、スズキのXBEE、エックスビー? あ、クロスビーっていう、これもコンセプトですよね?
難波「でも、もう売るんでしょ? 売りますよ。もう、たくさんありますよ。うん。市販モデルでしょ」

ー1.0ℓターボですね。
難波「ですよね。ハスラーのお兄ちゃんなんですよ。そういう意味で言うと、マル! これ、コンセプトカーじゃないから、マル! って言っても仕方ないんだけど(笑)。すごく楽しいと思いますよ。……あっちがコンセプトカー」(と言って、前方にあるe-SURVIVOR(イー・サバイバー)を指さす。

(じっくり見る)

難波「これ、これはですね……」

ー次期ジムニー?
難波「ジムニーじゃないですね。e-SURVIVOR(イー・サバイバー)。ラダーフレームが入ってるって、昨日のプレスカンファレンスでは発表していました。ぱっと見、ラダーフレーム付には全然見えなくて、どこにラダー?て思いましたけど、でも、そのジムニーの思想をちゃんと守ったラダーフレームをベースとした四駆のコンセプトカーだって、昨日、社長が言っていましたよ。これそのものは、とても楽しいじゃないですか。で、ねぇ、ジムニーの走破性の高さみたいなものもちゃんと魅せる、楽しく見えてる。まあ、現実的になるかは別としても、そういう世界観です。昨日も社長さんが“スズキはワクワクするブランドになりたい”って言っていましたから」

「確かに、これ、なんか楽しそうですよ。すごく面白そう。盛り上がりますよ。細かいところ見ていくと、本物じゃないって思いますけど。もちろん、ショーモデルなんですけど。あ! そうだ! これね、面白いことがある! 後ろ後ろ!(と言ってクルマのリヤ側に回る) あそこにサイのマークがあるでしょ? あれ、ジムニーのタイヤカバーに最初の、最初っていうか最初のジムニーじゃないな、まあ、ボクが入社したときに出たジムニーがあるんですけど、そのときのタイヤカバーの画なんです。

ーそのままなんですか?

難波「ちょっとモダンにアレンジしているけど、基本はそのまま。基本は。で、このサイのデザインしたのは、ワタクシ!」

ーえええ!? そうなんですか?

難波「いまから30年以上前のボクの、あの、そうですこれ、世界中のジムニー乗りの中で、ジムニー大好きな人たちのなかで、意識がひとつにまとまるカタチなんですよ。あれ見ると“ああ、ジムニーだ”ってわかるんですよ」

ーそうなんですね。

難波「知ってますか? いまだに新品でこのサイのマークがついたタイヤカバー買えるんですよ。売ってるんですよ」

ーええ! すごい!

難波 でしょう(かなりうれしそう)。ところがね、オリジナルはそのタイヤカバーですけど、ちゃんと彼らはね、1ヵ所、違えているところがあるんですよ。目玉がない。ボクはちゃんと目玉、つけるの。あとでネットでタイヤカバー、サイのタイヤカバー調べてみたら、これとの差がわかりますよ。でも、ほとんどオリジナルのサイのマークをそのまま使ってる。うれしいですよ。ボク、大変うれしい。それでね、あと、このコンセプトカーはね、ロールバーのところにカバーがあるでしょ、あれ、取り外しができるんです。外すととロールバーが出てくるの。で荷室の、いま上に蓋がしてあるけど、あれ取れるの。そうするとね、ちゃんとモノが積めるスペースが出てくる。その姿を見ると、あ、これやっぱりジムニーだって、ちゃんと思うよね。その差が、ヤマハのさっきのピックアップとの差ですよ。これは真面目にちゃんとジムニーをコンセプトにしてる。そこが違うんです。

これがそのサイのマーク

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
kamod.net.ua

https://cafemarseille.com.ua

У нашей организации интересный сайт , он рассказывает про вход в личный кабинет альпари.