AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/25
  • AnimeandManga編集部

【東京モーターショー速報】スズキ 「ワクワクを誰でも、どこへでも」をコンセプトにしたバイク3種を参考出品

125ccスクーター・SWISH(スイッシュ)も登場

東京モーターショー2017のスズキのテーマは、「ワクワクを誰でも、どこへでも」。多彩な四輪に加え、二輪も3台参考出品された。中でも注目なのは、同車製人気モデル、アドレスV125とはコンセプトの異なる原付二種「SWISH(スイッシュ)」。その他、「ネオ・レトロ」と呼ばれるSV650Xや、スポーツモデルのGSX-R125ABSにも注目が集まった。
スズキ株式会社 代表取締役 鈴木俊宏氏

第45回東京モーターショー2017のプレスブリーフィングで、スズキ株式会社の代表取締役・鈴木俊宏氏が二輪車部門の抱負を発表した。
今回のスズキのテーマは、「ワクワクを誰でも、どこへでも」。「乗り物とは、常に人をワクワクさせる魅力がなければいけない」をコンセプトに、次世代に向けた新しいモデルを展示した。今回の注目モデルは、参考出品された以下の3台。

SV650X。スズキの最新技術を用いたVツインエンジンや車体に、戦闘的な外観を取り入れた「ネオ・レトロ」と呼ばれるカテゴリーのコンセプトモデル。

GSX-R125ABS。スズキのスポーツモデルの象徴であるGSX-Rシリーズの血統を受け継ぐアグレッシブな一台。本格派スポーツエンジンやスポーティーな6速ミッションを搭載。

今後の技術開発の方向性「スズキ・セーフティ・サポート」

スズキは今後の技術開発の方向性として、
・もっと気持ちよく!
・もっとスマートに!
・もっと安心・安全に!
の3つを提案。スズキのバイクを選んでいただいたお客様に、いつまでも安心して、楽しく乗ってもらいたい。そんな思いから生まれたのが、「スズキ・セーフティ・サポート」という安全と楽しさを伝えるキャンペーン。スズキは今後、四輪から二輪まで、幅広くこのセーフティ・サポートを展開していく予定だ。

2020年に創立100周年を迎えるスズキ。鈴木俊宏氏は「次の100年に向けて、我々は電動化技術、環境技術、安全技術、情報技術など、先進技術への取り組みを一層加速させます。今後はどのような事態に直面しても機敏に対応し、お客様に“ワクワク感”を提供できる会社でありたい」と語った。

(写真:てつかたかし/レポート:北秀昭)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Узнайте про важный портал , он описывает в статьях про биржа биткоинов www.profvest.com/
bestseller.reviews