AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/24
  • AnimeandManga編集部

台風目前の大混戦! 山本鯨選手がシリーズチャンピオンを獲得 【MFJ全日本モトクロス選手権】

第9戦・スポーツランドSUGO

山本鯨選手とCRF450RW
2017 MFJ全日本モトクロス選手権において、Team HRC(チーム・エイチアールシー)に所属し、IA1(450cc)クラスに参戦する山本鯨(やまもと けい)選手が同クラス参戦初年度にして年間チャンピオンを獲得した。

チャンピオン獲得を祝う山本鯨選手とチームスタッフ。

10月22日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOにて、「第55回MFJ-GPモトクロス大会 全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦(最終戦)」が開催された。ランキングトップで大会に臨んだ山本鯨選手は、近年稀にみる難しいコンディションの中で、安定した走行を続け、ヒート1で3位、ヒート2で5位に入賞し、チャンピオンを獲得した。

山本鯨選手 コメント

「今シーズンから久しぶりに全日本モトクロスに参戦することになり、序盤は戸惑うこともありましたが、一戦一戦確実に準備をして、取り組んできました。その積み重ねがチャンピオン獲得という結果にしっかりと表れたことを本当にうれしく思います。最終戦は連日降り続いた雨の影響により、とても難しいコンディションでどうなるか分かりませんでしたが、ランキング2位の小方選手とのポイント差を意識しながら、チャンピオンを獲得することだけを考えて、走り切りました。応援してくださったファンの皆さん、支えてくれたチームスタッフの皆さんに感謝したいと思います」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋 コメント

「山本選手が世界選手権の参戦経験を全日本でもしっかりと活かし、安定した走りでシーズンを戦い抜き、栄冠を勝ち取ってくれたことをうれしく思います。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります。ご期待ください」

Team HRC監督 芹沢勝樹 コメント

「今シーズンからIA1クラスに絞った活動に切り替え、特にチャンピオン獲得を目標に取り組んできました。今シーズンは実力が拮抗する中での戦いで、選手にとってもチームにとっても、プレッシャーのかかるシーズンでした。そんな中でチャンピオンを獲得できたことは、チーム一丸となってチャレンジしてきた成果だと思います。我々の活動を支えてくれたスポンサーとモトクロスファンに感謝いたします」

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
proffitness.com.ua

www.yarema.ua

Узнайте про интересный блог с информацией про купить подушки льняные https://shopvashtextil.com.ua/catalog/index/105-podushku/0/123