AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/11
  • AnimeandManga編集部

【連載】ポルシェ・カイエン 全解説⑤助手席インプレッション編

快適かつスポーティ! その走りの良さは助手席からでも分かる。

Porsche Cayenne Turbo
最終回となる今回は、”助手席インプレッション”。ポルシェのテストドライバーによる新型カイエンの走りは、進化を実感させ、リヤアクスルステアリングをはじめ、その機能の全貌を明らかにしてくれた。

REPORT◎山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)

新型ポルシェ・カイエンのテクニカル・ワークショップは、ドイツのデュッセルドルフ近郊にある、日本のJAFに相当するADACが所有するテストコースで行われた。ポルシェがここを会場として選んだ理由は、助手席からではあるが、その走りを参加したメディアに体験させることにあった。コンパクトなハンドリングコースと、それに併設されるオフロードコースを使用しての同乗試乗だったため、残念ながらカイエンが誇る高速域での走りは体験することはできなかったものの、それでも3世代にわたる進化の中で、プレミアムSUVとして、そして何よりポルシェの4ドアスポーツのひとつのカタチとして魅力を高めてきたカイエンの最新像を楽しむことができた。

まず助手席へと迎え入れられたのは、ハンドリングコースでの走りを体験するために用意されたターボだった。大小さまざまなサイズのコーナーが連続し、途中にはウエットコンディションを作り出したセクションもあるコースは、助手席からでも十分に走りの質が高いことが確認できた。

Porsche Cayenne Turbo

印象的だったのは、新たに3チャンバーのエアサスペンションを採用したサスペンションが生み出す素晴らしい乗り心地で、それはまさに高級サルーン並みの快適さだった。キャビンは開放的な雰囲気で、前席、後席ともにその周囲には余裕のあるスペースがある。これならば長時間の移動も苦にはならないだろう。

最初のラップが終わると、カイエン・ターボは一気にペースアップした。サスペンションの動きはここでもナチュラルの一語に尽き、さらにリヤアクスルステアがコーナリング時のターンインを、よりクイックなものにしているのだろうということが想像できる。最終的にはスタビリティ・マネージメントなどのデバイスをキャンセルした状態での走りをポルシェのテストドライバーは楽しませてくれたが、シートポジションが高いことを除けば、新型カイエンの走りは、例えば4ドアサルーンのパナメーラなどとまったく変わらない、実にスポーティなものであることが分かった。

Porsche Cayenne S

試乗車をターボから「カイエンS」へと乗り換えて次はオフロードコースへと向かう。カイエンSにはオプションでエアサスペンションを装着することも可能だが、試乗車はオーソドックスな金属スプリング仕様。乗り心地はそれまで乗っていたエアサスペンション仕様と比較しても、けっして悪いとは感じられない。オフロードコース内には、傾斜角が40度というヒルクライムのセクションもあったが、それでもカイエンSは抜群のトラクション性能と、車体コントロールを感じさせながら、いくつものセクションをクリアしていく。

オンロード・パフォーマンスとオフロード・パフォーマンスの両立。そしてそれぞれの中で相反するさまざまな性能を高次元でバランスさせてきた新型カイエン。21世紀にプレミアムSUVという新しい市場を築いたパイオニアは、想像していた以上に魅力的な存在へと進化を遂げたようだ。

SPECIFICATIONS
ポルシェ・カイエン・ターボ
■ボディサイズ:全長4926×全幅1983×全高1673㎜ ホイールベース:2895㎜ ■車両重量:2175㎏ ■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3996cc ボア×ストローク:86×86㎜ 圧縮比:10.1 最高出力:404kW(550ps)/5750〜6000rpm 最大トルク:770Nm/1960〜4500rpm ■トランスミッション:8速AT ■駆動方式:4WD ■サスペンション形式:F&Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(リム幅):F285/40ZR21(9.5J) R315/35ZR21(11J) ■パフォーマンス 最高速度:286km/h 0→100km/h加速:3.9秒(スポーツ・プラスモード時) ■環境性能(EU複合) CO2排出量:272〜267g/km 燃料消費量:11.9〜11.7ℓ/100km

SPECIFICATIONS
ポルシェ・カイエンS〈カイエン〉
■ボディサイズ:全長4918×全幅1983×全高1696㎜ ホイールベース:2895㎜ ■車両重量:2020〈1985〉㎏ ■エンジン:V型6気筒DOHCツインターボ〈V型6気筒DOHCターボ〉 総排気量:2894〈2995〉cc 圧縮比:10.5〈11.2〉 最高出力:324kW(440ps)/5700〜6600rpm〈250kW(340ps)/5300〜6400rpm〉 最大トルク:550Nm/1800〜5500rpm〈450Nm/1340〜5300rpm〉 ■トランスミッション:8速AT ■駆動方式:4WD ■サスペンション形式:F&Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(リム幅):F255/55ZR19(8.5J) R275/50ZR19(9.5J) ■パフォーマンス 最高速度:265〈245〉km/h 0→100km/h加速:4.9〈5.9〉秒(スポーツ・プラスモード時) ■環境性能(EU複合) CO2排出量:213〜209〈209〜205〉g/km 燃料消費量:9.4〜9.2〈9.2〜9.0〉ℓ/100km

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る