AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/28
  • G-WORKS編集部

昔はあの「箱スカ」は「箱スカ」じゃなかった?

今ではかなりの認知度となっているGC10型スカイライン、通称"箱スカ"本物!?の箱スカはこちらです!!
スカイライン神話の中でも飛び抜けて知名度の高い、C10系の6気筒・GC10、KGC10(L型搭載車) とPGC10、KPGC10(S20搭載車)のスカイライン通称「箱スカ」。「ハコスカ」とも書いたりするけど、今ではハコスカと言えばこのセダンとハードトップを指す意味があるんだけど…

こちらはKPGC10型スカイライン。ハードトップの2枚ドアは昔は"箱スカ"と呼ばれて無く"スカG"と呼ばれることが多かったのだ

それでは何故ハコスカと呼ばれていたのかを説明しよう。諸説あるけど要するに「箱」のように四角くいからという単純なこと。セダンのガラス部分より上と、屋根を取ってしまう想像をしながら見るとさらに箱に見えるだろう。その姿は箱の高さはあまり無く、長さがある箱だから「マッチ箱」から来ているという説もあるけどどちらとも箱のような形だから「箱スカ」と呼ばれ始めたらしい。

しかし。いくら目を細くしてたり斜めから見たりしても、ハードトップはそういう風には見えない。なんか自分が変なのか?いやいや、そうじゃありません、うん、当時の人は正しいのです!ハードトップ、実は当時は箱スカじゃ無いんだ!「えっ?そうなの???」という声が聞こえてきそうだけど、当時はスポーツ性がさらに高い意味からGTの"G"とスカイラインを合わせてハードトップは"スカG"と呼ばれていたんだ。

しかし、いつからか「箱スカ」という愛称が一人歩きを始めこの型、C10系はいつからか"箱スカ"と呼ばれるようになったみたいだ。

それだけ人気があるという証拠でもあるけど、だから現代ではセダン、ハードトップどちらとも「箱スカ」と呼ぶのは正しいと言うことなのです。


自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

AnimeandManga Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る