AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/27
  • HYPER REV編集部

CX-3/CX-5のカスタマイズパーツを数多く手掛けるブリッツ

吸・排気系パーツから車高調キット、電子系パーツまで

総合チューニングパーツメーカーとしておなじみのブリッツ。CX-3/CX-5に関しても、すでに数多くのアイテムをラインアップ。吸・排気系パーツから車高調キット、そして得意の電子系パーツまで、豊富な取り揃えとなっています。

「CX-5/CX-5のチューニングは、なるべく手軽なメニューでどこまで楽しくすることができるか。さらに、スタイリッシュで乗り心地もよく、それでいてノーマルよりも俊敏に走ることができることをテーマにしています」という、ブリッツの小林さん。

オリジナルの車高調キット「ダンパーZZ-R」は、むやみにレートをアップさせず乗り心地にこだわったセッティングに。重心の高いSUVでの、高速走行を安心して行える安定感がプラスされています。

前後とも減衰力は33段階調整。スプリングレートはフロントが6.0kg/mm、リヤが4.3kg/mm。車高調整幅は、フロントがノーマルから90mmダウン、リヤが35〜70mmダウンとなっています。

ノーマル然としたエンジンルームは、その実、吸・排気系のチューニングとパワスロによって18psの出力向上を果たしています。

☆当デモカー及びパーツの最新情報は


当記事の全文、そしてその他デモカーやパーツの情報は、9月30日(土)新創刊のハイパーレブ スポーツ プラス 『マツダ CX-3/CX-5』をご覧ください。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

AnimeandManga Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

  • プレジャーボートなどの自社製品開発を行うベンチャー企業
  • 機械設計
  • 年収360万円〜600万円
  • 勤務地愛知県豊田市、愛知県岡崎市、または業...
  • »この求人を詳しく見る
東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る