AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/19
  • CAR STYLING編集部 松永 大演

カースタイリングIAAチェック「メルセデス-AMG プロジェクト-ワン」

カースタイリングIAAチェック Car Styling Design Check :Mercedes AMG Project-ONE

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
驚異的メカニズムに圧倒的スタイリングながら、メルセデスらしさはちょっと見出しにくかったかもしれない。
今回のフランクフルト・モーターショー(IAA)のコンセプトカーは、よくいえば理詰めであり、デザインという観点からいえばエモーショナルな印象は少なかった。ドイツのメーカーから多くのEV&ハイブリッドの提案があったが、そのスタイリングは直感的に理解できるものではなく、話をじっくりと聞くことでなるほどとわかるものだ。
そんなことから、バッジを変えればどこのモデルかわからない、というのが残念ながら現状だった。

伸びやかなスタイリング。レーシングマシンのCカーを思わせる空力優先のボディだ。

しかしながら、とりわけ注目されたのが、F1テクノロジーから生まれたメルセデス-AMGプロジェクトワン。当ウエブでも既報だが、ここではデザインの視点で見ていこう。

このスタイリングはややもすると気がつかないところだが、運転席後方から、リヤエンドにかけての低さ、コンパクトさが特徴だ。通常同じようなパフォーマンスを内燃機関で与えようとすれば高性能の大排気量V8やV10エンジンが必要となるが、その場合にリヤ周りもはもっと大きく長くなってしまう。

実は小排気量ハイブリッドだからこそ実現できたパッケージであり、このリヤ周りのボリュームバランスが、フロントの造形に影響を与えている。通常のハイパフォーマンスカーに比較して、やや押し出しが弱く感じるのはそのため。しかしいろいろな角度から見るほどに、そのセンシャルな造形が感じられるようだ。

ではそのパッケージはどのようになっているのだろうか。ミッドに搭載された1.6L V6エンジンをベースに、4つの電動モーターを採用。一つはエンジンのクランクシャフト、一つはターボチャージャー、そして残りはフロントタイヤを駆動する。エンジンがなんと500kW、フロント駆動が240kWで、併せて720kW(約1006ps)を発揮するという。フロントの電動モーターはインホイールではなくボディ側にマウントされ、ばね下重量を抑えている。リチウムイオンバッテリーは、床下にマウントされるがフロントアクスルの後ろ、乗員の足下とすることで良好な冷却性能と低い慣性モーメント、最適な重量配分、低い全高を実現している。

F1のように長いサスペンションアーム。加えてばね&ダンパーの長さにも注目。小さなホイルストロークでもばね&ダンパーは大きく動く。

そして、F1なみの長いサスペンションアームも注目だ。前後ともマルチリンク式となるが、注目は写真にもあるようにストロークの十分取られたばね&ダンパーだ。このモデル自体それほどのサスペンション・ストロークは持たないが、その短いサスペンション・ストロークに対して長いばね&ダンパーストロークを持とうとするもの。高い追従性が狙いで、超ハイパフォーマンスにして上質の乗り心地が期待できる。

またフロントサスペンション、リヤサスペンションはサブフレームにマウントされるが、リヤサスのサブフレーム内側には縦置きの8速トランスミッションを抱え込む。トランスミッションのボディはカーボンファイバー製で前方に固定されたエンジンとともに、サスペンション剛性を確保する構造部材ともなっているという。

これらハイテクノロジーを最小限に覆ったのが、ボディスキンだ。ここまでエキサイティングな内容であったのに、このボディだけは不可解。最大限の効率と最良の空力性能を持って開発されたものであるとのことだが、メルセデスらしさを見出すのは困難だ。今後のメルセデスに活かされるテーマが内包されている可能生はあるが、現在は不明。ショーカーとしては、せめてディテールだけでも、メルセデスらしいアイコンを残す、あるいは生み出して欲しかった。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb
https://winnerlex.com.ua

www.profvest.com/2018/06/inarix-hyip-otzivi-obzor.html

cleansale.kiev.ua