MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/12
  • HYPER REV編集部

カスタマイズして乗りたい新型ハイラックス 13年ぶりに日本市場復活!

ライフスタイルに合わせたカスタマイズ要望に合わせ、TRDやJAOSから早くもパーツが登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
13年ぶりの日本導入となったトヨタ・ハイラックス。現状で約9000台が日本国内を走っており、日本での発売再開を希望する声が高かった、根強い人気を持つクルマのひとつです。「ハイラックスでなきゃだめだ!」という、プロユーザーの声も聞かれます。今回の復活にあたり、ハイラックスはどのようなユーザーに受け入れられてゆくのでしょう。そのヒントが発表会にありましたのでご紹介しましょう。

トヨタ・ハイラックスは1968年の初登場以来、世界約180ヶ国で発売され、累計でなんと1730万台が販売されたというメガセールスモデルです。

なぜこんなに売れたのかといえば、やはりその頑丈なエンジン&ボディであり、場所を選ばない走破性能にあるからでしょう。

今回、日本再導入となったハイラックスもこれまで同様、極めて過酷な条件での走行を前提とした開発を行ない、「気温50℃の中近東や標高4800mmを越える南米ペルーの峠越えなどを実施した」と前田チーフエンジニアは説明してくれました。

筆者が最近取材したハイラックスユーザーのなかには、水道工事関係者や現役のハンターなど、まさにガチで使っているプロユーザが多く、そうしたユーザーは「ハイラックス以外はとても乗れない」と口々に語っています。恐らく、今回の日本導入を首を長くして待っていたことでしょう。

しかし、今回のハイラックスの発表会では、もちろんそうしたプロに向けたメッセージもありましたが、一方でライフスタイルを大切にする「意識高い層」をメインターゲットにしているようにも見えました。

実際、前田チーフエンジニアとのトークショーには、世界中で旅をつづけながら、映画監督やイベントをプロデュースするクリエイティブディレクターの小橋賢児氏がゲストとして招かれました。

小橋氏は、新型ハイラックスを前にして「ハイラックスは自分の個性に合わせてカスタムできる可能性のあるクルマ」「ライフスタイルの数だけハイラックスのカスタマイズの可能性がある」と語る。

そして、前田チーフエンジニアは「まさに我々が言いたいことを語ってくれた」「今の世の中、主張の強い方が尖っていく傾向にある。小橋さんには、(ハイラックスに)このまま乗らないでほしい。どんなふうにカスタマイズされるのか楽しみ」というように、『カスタマイズベース』としてハイラックスは演出されています。

TRDも、早速新型ハイラックス用のパーツを制作。発表会と同時に同パーツを発表しています。発表会会場にも、パーツ搭載車が展示されていました。
 
フロントバンパーカバー(3万5000円)、サイドステップ(10万円)ハードトノカバー(16万円)、ドアハンドルプロテクター等が装着されるとともに、ホイールにはオフロードパーツメーカーとして有名なJAOS製(1本4万5000円)が装着されています。
※価格はすべて税別(以下同)

2017年12月にはオーバーフェンダー(8万円)とキャノピー(36万円)も発売される予定だということです。ワイルドなハイラックスが、さらにカッコよくなりますね。

TRDはタイのアジアンクロスカントリーラリーにハイラックスで参戦。今年は個人総合2位、チームは総合優勝を飾りました。

タイではハイラックスを実にたくさん目にすることができます。仕事道具をたくさん積んだ車両も目にすると同時に、町なかを楽しそうにハイラックスをドライブする若者もたくさんいます。デートや遊びに大活躍のハイラックス。そのスタイリングはもちろんですが、そんな自由な使われ方は、実にカッコよかったりします。

トヨタの開発の方は、もしかするとそんなタイをはじめ諸外国のようすをみて、日本でも若者の「ライフスタイル」を意識したプロモーションを考えたのかもしれません。

会場に、JAOSの赤星社長がいらっしゃいましたので話を伺いました。

「こうして新しい車種が登場することはもちろんですが、カスタマイズをこんなに語っていただけることは本当にうれしいですね。JAOSは、タイでのラリーに以前からTRDさんと参戦させていただいてきた関係で、今回ホイールを採用していただいています。この型のハイラックスは、もちろんタイのラリーで見てきましたし、パーツも作ったりしましたが、今回に日本に導入されたモデルとは寸法が少しずつ違います。なので、JAOSとして当然このハイラックスを購入し、おそらく10月くらいになる納車から一気に採寸と開発を行なって、2018年のオートサロンでお披露目したいと思います」とのこと。
 
名門JAOSがどんな内外装パーツを装着したハイラックスのデモカーを展示するのか、楽しみにしたいと思います。

最終エディションとなるFJクルーザー
マイナーチェンジとなったランドクルーザープラド

JAOS以外のパーツメーカーもおそらくハイラックスのデモカーをオートサロンに向けて制作してくるでしょう。

また、今回同時に発表されたランドクルーザープラドや、ファイナルエディションとなったFJクルーザーのデモカーも登場するかもしれません。

俄然、盛り上がってきたSUVシーンを注目していきましょう!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る