AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/08
  • 遠藤正賢

【新型ホンダN-BOX詳細・用品】ホンダアクセス&無限製パーツに加え、ホンダパワープロダクツの蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」も同時発表

ホンダアクセスは「北欧スタイルコレクション」、「ファンレーシースタイル」、「クールプレミアムスタイル」の3スタイルを提案

無限N-BOXカスタムのフロントまわり
8月31日に発表、9月1日に発売された新型2代目「N-BOX」専用アイテムとして、ホンダアクセスは「北欧スタイルコレクション」、「ファンレーシースタイル」、「クールプレミアムスタイル」の3スタイルを提案する純正アクセサリー、無限はレーシングスピリット溢れるカスタマイズパーツをリリース。そして、ホンダのパワープロダクツ部門は、ハンディタイプ蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を新型N-BOXと同時に発表し、全国のホンダカーズで販売を開始した。
ホンダアクセスN-BOX標準仕様「北欧スタイルコレクション」の室内

ホンダアクセス純正アクセサリーでは、「あっと言わせる驚き」と、「なるほど納得価値」を込め、開発コンセプトを「すべてのファミリーにベストマッチ! Next Surprising BOX」に設定。子育てファミリーをターゲットに、新型N-BOXに自分らしさをプラスする、前述のスタイリング系アイテム3種類を設定した。

ママ・女性向けにコーディネートされた「北欧スタイルコレクション」は、第1弾「マカロンカラーコレクション」(2013年11月N-WGN/N-ONE用)、第2弾「『バービー』コレクション」(2014年12月N-BOX/N-BOXスラッシュ用)、第3弾「デイリーリュクスコレクション」(2015年12月フィット/N-WGN/N-ONE用)に続く、「クルマはもうひとつの自分のお部屋」という女性オーナーの声から「My Room」をコンセプトに、車内を自分の部屋のようにコーディネート可能にしたアイテムのシリーズ第4弾。

特殊印刷技術を用いて鮮やかな青・黄・白のラインを入れたデザインタイプの「フロアカーペットマット」(36,720円)や、運転席をスカイブルーまたはサンシャインイエローとした「シートカバー」(各29,160円)および「ドアライニングカバー」(各12,960円)、白木目調のドアスイッチパネル用「インテリアパネル」(17,280円)などを設定した。なお、この「北欧スタイルコレクション」は、新型N-BOXだけではなくN-BOXスラッシュにも設定される。

ホンダアクセスN-BOX標準仕様「ファンレーシースタイル」のフロントまわり

アクティブなパパをターゲットに、スポーティさと遊び心を新型N-BOX標準仕様にプラスする「ファンレーシースタイル」では、ブラックとモカグレーの2色を設定する本革製の「ステアリングホイールカバー」(各9,720円)が、特にこだわって開発されたアイテムのひとつに挙げられるだろう。

男性ドライバー向けに太さを増した専用形状が与えられた「ステアリングホイールカバー」

新型N-BOXでは標準装備のステアリングホイールも、左右スポーク付近のグリップを楕円形状として握りやすさを改善しているが、新型N-BOX用「ステアリングホイールカバー」は、単に本革巻きにするだけではなく、男性向けに形状を見直し太さを増した専用設計となっている。

ホンダアクセスN-BOX標準仕様「ファンレーシースタイル」の室内

そのほか、赤の「フロントグリル」(19,440円)、「ドアミラーカバー」(8,640円)、「ルームミラーカバー」(4,320円)、「インテリアパネル」(25,920円)、ホワイトまたはグレーのセンターストライプ「デカール」(各10,800円)、マットブラック塗装の14インチ「アルミホイール MS-024」(25,920円/本)などを用意。外装をクラシカルなボーイズレーサー風に仕上げることを可能とした。

ホンダアクセスN-BOXカスタム「クールプレミアムスタイル」のフロントまわり

エアロ仕様「カスタム」にさらなる高級感と煌めきをプラスする「クールプレミアムスタイル」では、エクステリアにクロームメッキまたはブラッククロームメッキを使用し、インテリアは金属調シルバーなどでコーディネート。

ホンダアクセスN-BOXカスタム「クールプレミアムスタイル」の室内

「フロントグリル」にブラックメッキ(35,640円)とクロームメッキ(28,080円)を設定したほか、シルバーの「ドアミラーカバー」(8,640円)、「ルームミラーカバー」(4,320円)、「インテリアパネル」(25,920円)、スーパーブラックメタルの15インチ「アルミホイール MG-021」(35,640円/本)などを設定した。

「大型ルーフコンソール」はサンバイザーをめくると収納したティッシュを取り出すことが可能

そのほか、快適性をアップさせるアイテムを多数用意。リヤ左側パワースライドドア用「ハンズフリースライドドア」(23,760円)および「オートサイドステップ」(100,440円)が新たに設定されたほか、「大型ルーフコンソール」(17,280円)はカーテンエアバッグと共存可能になり、「リモコンエンジンスターター」(31,320円)はスマートキー一体型へと進化した。N-BOX専用開発の「8インチプレミアムインターナビ」(199,800円)も用意されている。

無限N-BOXカスタムのリヤまわり

無限は30歳代後半~40歳代の男性をターゲットとして、「WILD & SPORTS」をコンセプトに設定。「カスタム」用エアロパーツとしては、「フロントグリルガーニッシュ」(27,500円)、「フロントアンダースポイラー」(45,000円)と専用の「エアロイルミネーション」(30,000円)、「サイドスポイラー」(58,000円)、「リアアンダースポイラー」(40,000円)、「アッパーウイング」(カラード45,000円、未塗装38,000円)を用意した。

無限N-BOX標準仕様のフロントまわり

標準仕様にも、「フロントスポーツグリル」(カラード44,000円、未塗装39,000円)、「フロントアンダースポイラー」(カラード39,000円、未塗装34,000円)を設定。カスタム用とは異なる抑えの効いたエアロスタイルに仕上げることができる。

装着したままシートアレンジが可能な「スポーツラゲッジマット」

インテリアも、赤のアクセントと無限のロゴが入る「エンジンスタート/ストップスイッチ」(18,000円)と「スポーツマット」(23,000円)、「スポーツラゲッジマット」(22,000円)などを装着して、よりホットな装いとすることが可能だ。

LiB-AID(リベイド)E500

新型N-BOXと同時発売された、最大出力500W(VA)のハンディタイプ蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」は、1965年に発売された同社初の発電機「E300」をモチーフとした、シンプルかつ親しみやすいデザインを採用。ボディカラーは東京モーターショー2015に参考出品された際に好評だったという「パワーレッド」「ネオエナメルホワイト」「ブラック」の3色が設定された。

そして、ホンダ独自開発のマイコン制御式正弦波インバーターを採用。直流電圧(DC)のみでしか出力できない一般的な電池や蓄電池に対し、交流(AC)100V の出力電圧でも一般家庭で使用されている電気と同等の高品質で安定した電気を供給可能にして、PCやスマートフォンなど電気の質の影響を受けやすい製品にも対応している。

LiB-AID(リベイド)E500の本体および冷却構造

さらに、車両に積んだり屋外へ持ち運ぶのを容易にするため、大型ハンドルを備えるバスタブ型樹脂モノコックフレーム構造の本体に、繰り返し充電できる377Whのリチウムイオンバッテリーを搭載して重量を5.3kgに抑えながら、全長×全幅×全高を266×182×248mmに小型化。インバーターの冷却ファンを本体中央に配置して作動時の騒音を低減しつつ、冷たい空気を下から吸い、熱い空気を上から逃す構造とすることで、冷却ファン非作動時の冷却性を向上させた。

ラインアップは、家庭用コンセントから充電可能な「E500 JN」(79,920円)と、クルマのアクセサリーソケットからも充電可能な「E500 JN1」(86,400円)の2種類で、いずれの場合も約6時間で完了する。給電ポートとしてはUSB出力端子2口と交流コンセント2口を備え、300Wの電気を約1時間、500Wの電気を約35分間取り出すことができる。なお、LiB-AID(リベイド)E500を2台、またはLiB-AID(リベイド)E500と同社製発電機を並列接続すれば、消費電力が500Wより大きい電気製品を使用することも可能だ。

LiB-AID(リベイド)E500を新型N-BOXと同時発売したのは、同社によれば「N-BOXで出掛けた先でLiB-AID(リベイド)E500を使い、楽しい思い出を作るというライフスタイルを提案するため」とのことだが、排ガスや騒音を発生する発電機と異なり、蓄電器はクルマに載せたまま使えるため、アウトドアのみならず災害時の非常用電源としても活用できる。高価なハイブリッドカーやPHV、EV、FCVならずともいざという時に備えられるという点においても、その有用性は高い。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
read more porn4you.info

www.bestseller.reviews

https://progressive.com.kz