AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/06
  • AnimeandManga編集部

史上最強の「MINI」誕生か!?

超過激な”MINI John Cooper Works GP Concept”をフランクフルト・ショーで初公開!

MINI John Cooper Works GP Concept
MINIは、9月に開催されるフランクフルト・モーターショーにて、極めてアグレッシブかつ本気度の高い「MINI John Cooper Works GP Concept」を公開する。基本的にサーキット走行を視野に入れたモデルとはいえ、ドレスアップ面でも参考になるほど実にうまくまとめられた1台だ。

間もなく開催される9月のフランクフルト・モーターショーにおいて、MINIは極めて本気度の高い「MINI John Cooper Works GP」というコンセプトカーを発表する。

これは、基本的にサーキットに特化したマシン。将来的に本当にレーシングマシンとなるのか、またはサーキット専用車となるのか、はたまた公道走行可能となるのかは一切不明だが、いずれにせよ“超ユニーク”なMINIであることは間違いない。具体的なスペックなども公表されてはいないが、ターボエンジンは強化され、サスペンションもハードに変更しているというから、開発陣もコンセプトカーとはいえ、かなり現実的に造ったようにも映る。

それだけにエクステリアは刺激的だ。大型のフロント&リヤエプロンは、空力的にも最適化されたサイドスカートを採用し、印象的なルーフスポイラーなどと合わせて優れたエアロダイナミクスを発揮するという。このスポーティなスタイルは、カーブサイドレッドメタリックとハイスピードオレンジのアクセントによって、強化されたブラックジャックアンスラサイトのボディフィニッシュで強調される。カーボンファイバーや他の軽量素材の使用も際立ち、MINIジョン・クーパー・ワークスGPコンセプトの“怪物ぶり”を、パフォーマンスと質感の両方で魅了する。

もちろん、インテリアにはロールオーバーケージやバケットシートが奢られている。とはいえ、ヘッドアップディスプレイも装備され、そこにはコース上のインフォーメーションや、サスペンションの設定を調整することなどが可能だというから、機能面での最先端も“ウリ”のようだ。

このコンパクトなディメンションに、短いオーバーハング、ワイドなトレッド、最適化された重量と低重心などは、往年のMINIがモンテカルロ・ラリーでの総合優勝を達成した際の設計原則と同様だと開発陣は胸を張る。

MINI John Cooper WorksのGPコンセプトは、MINIが長年に渡り築き上げた伝統を、最新のテクノロジーによって復活させるという、ドライバーの熱い想いに応えるために用意したというから、かなり本気なのだろう。是非とも市販化を望みたいものだ。

MINI John Cooper Works GP Concept

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://unc-mps.com.ua

https://karter-kiev.net

http://220km.com