AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/15
  • 「東新宿交通取締情報局」

スピード取り締まり&オービス素朴な疑問Q&A 第1弾!【交通取締情報】

正しい知識で無用な疑問や不安を一発解消!

当情報局も開設1カ月を迎え、おかげさまでアクセスもうなぎ上り。そこで今回は、読者様から寄せられた交通取り締まりに関する数々の疑問、質問にお答えしちゃいます。

オービス作動の瞬間。光るのは一瞬だがかなりの光量で光るので夜間なら100%、太陽光のまぶしい昼間でも、まず、気づくはず。

Q: 先日、東関東自動車道をかなりのスピードで飛ばしていたら、オービスらしきものが白く光りました。ネットで調べたら、「オービスは赤く光る」と書いてあったのですが、やはり不安でたまりません。オービスの光は赤に決まっているのですか?(千葉県・おおちゃんさん)

A:オービスは赤外線ストロボを光らせて、違反車を撮影しています。が、赤外線と聞くとどうしても「赤」を想像してしまいがちですが、赤外線というのは不可視光なので、目で確認することはできません。もしも赤外線が元々赤く光るものだったとしたら、ビルなどのセキュリティシステムが成り立たなくなっちゃいますからね。

ただし、オービスの赤外線ストロボは赤く光ります。違反車に撮影したことを認識させるためにわざと赤く光らせているのです。だから、白く光ったというのは、たぶん、「対向車線を走るクルマの白色灯の光が中央分離帯の切れ目から一瞬、目に入った」とか「太陽光がオービスのレンズ部分に反射して光ったように見えた」とかいう、いわゆる錯覚と言っても過言ではないでしょう。とにかく、赤く光らなかったのなら、まず心配する必要はないと思います。

首都高のオービスは50km/hオーバー以上じゃないと光らないなどと言っているサイトもあるが、設定速度はいくらでも変えられるのでくれぐれもうのみにしないように。

Q:オービスって制限速度を何km/hくらいオーバーしたら光るのですか?(宮崎県・永遠のスバリストさん)

A:ネットや雑誌などでは高速道路では40km/hオーバー以上、一般道では30km/hオーバー以上と言われていますが、ある意味正解です。基準が変わらない限り、これ以下の速度で光ることはありません。警察が被疑者の写真をことわりなく(無人の場合ことわりようがありませんが)撮影するには犯罪(赤切符以上の違反=刑事罰)が成立している必要があるからです(法律ではなく最高裁の判例)。

では実際に何km/hオーバーで光るのかは、ケースバイケースとしかいいようがありません。その道路を管轄する警察が、普段のクルマの流れや危険度を見て判断しているので、50km/hオーバーでも光らなかったり、逆に40km/hオーバーぴったしで光ったりと設定速度は千差万別。とにかく警告板などでオービスの存在を察知したら、早めの減速を心がけてください。

光電管をによるネズミ捕り。2セットの送受光器と反射板を道路を挟んで平行に設置、その間の通過速度を測定している。この設置をちゃんとやらないととんでもない誤計測につながることも。

Q:地元の道を制限速度+αで走っていたら、いきなり18km/hオーバーでネズミ捕りに捕まってしまいました。納得いかなかったので切符へのサインを拒否しようとしたら、おまわりさんに「裁判になるぞ!」と脅かされしかたなくサインしてしまったのですが、もしサインしなかったら本当に裁判になるのですか?(埼玉県・レオのすけさん)

A:18km/hオーバーですと反則行為ですが、違反を認めなければ最終的に裁判でシロクロをつけることになります。が、そのくらいのことでいちいち裁判を起こしていたら警察はもとより検察や裁判所の機能がマヒすることは目に見えています。元々、それを避けるために「反則金制度」が設
けられたのですから。

もちろん立件するかしないかは警察の胸先三寸なのではっきりとは言えませんが、そのケースではまず裁判は成立しないと思います。警察が送検したとしても検察で不起訴、あるいは起訴猶予となる可能性が高いです。ただし、不起訴になれば刑事罰は免れますが、「刑事手続きと行政処分は別」という屁理屈により、点数(この場合は1点)がつくことは覚悟してください。もちろん不服申し立てはできますが、認められることはまずありません。

というわけで、今回はこれにて。またみなさまからの質問や疑問が集まり次第、第2弾をぶちかましちゃいます!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://yarema.ua

https://plasticsurgery.com.ua

https://citroen.niko.ua