MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/03
  • 遠藤正賢

マツダCX-5とアテンザが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を全車標準装備!

全車が「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」における最上級ランク「サポカーS・ワイド」に該当

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-5 XD
マツダは8月3日、ミドルサイズクロスオーバーSUV「CX-5」およびミドルラージセダン&ワゴン「アテンザ」の全車に、予防安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備。同日より販売開始した。
マツダ・アテンザセダンXD

これにより、経済産業省や国土交通省が普及啓発を推進中の「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」における最上級ランク「サポカーS・ワイド」に全車を該当させている。

さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」も、新たに全車標準装備とした。

CX-5とアテンザに実装される「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」技術は下記の通り。

【「サポカーS・ワイド」に該当する技術】
1.アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)<全車>2.AT誤発進抑制制御[前進時]<AT車全車>
3.先進ライト
 ハイビーム・コントロール・システム(HBC)<CX-5「20S」「25S」「XD」、アテンザ「20S」「XD」>
 アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)<CX-5「20S」「25S」「XD」、アテンザ「20S」「XD」を除く全車>
4.車線逸脱警報システム(LDWS)<全車>

【その他安全技術】
5.ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)<全車>
6.リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)<全車>
7.スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)<AT車全車>
8.リアパーキングセンサー(センター/コーナー)<全車>
9.ドライバー・アテンション・アラート(DAA)<アテンザ全車>

価格はCX-5が2,494,800~3,526,200円、アテンザが2,797,200~4,001,400円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る