AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/01
  • HYPER REV編集部

【アルトワークス チューニング最前線~その4~】ゼスティノタイヤ

Kカーモータースポーツの台風の目に!? 軽自動車専用タイヤが新登場

チューニングベースとして大ブレイクしているスズキ・アルトワークス。続々と登場する注目の各機能パーツをここでご紹介します。

ドリフトシーンでは2016年シーズンから知名度が急上昇、優秀な成績を収めている「ゼスティノ」ブランドから、軽自動車専用スポーツモデル「Gredge(グレッジ)07RK」が、14~17インチまでをラインナップしました。

ドライ路面でのグリップを極限まで追求しつつ、ウエット性能にも配慮したスポーティなトレッドパターンを採用。生粋のスポーツタイヤながら、静粛性や耐摩耗性も妥協していないというのもポイントです。

なお、開発には、“アルトワークス チューニング最前線~その3~”でご紹介した、軽自動車を知り尽くす「KCテクニカ」が協力しています。

サイズは、165幅×14~17インチを用意。高性能タイヤながら低価格設定というのも、ユーザーにとっては朗報となることでしょう。

設定サイズは、165/45ZR17 75V/165/50ZR16 77V/165/55ZR15 75V/165/55ZR14 72Vの4種類です。

「アッという間にタイヤが温まり、ウォーミングに時間をかけず全開走行できました。装着車両はかなりハイパワーでしたが、ステアリングを切れば切っただけ曲がるし、ビギナーでも楽しく走れるタイヤだと思います」と、いうのは、インプレッションを担当したスーパーGT300ドライバーの元嶋佑弥選手。

☆当デモカー及びパーツの最新情報は:


☆大変お待たせしました!☆
当記事の全文、そしてその他デモカーやパーツの情報は、ハイパーレブ vol.220『スズキ アルトワークス』P61をご覧ください。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る