AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/07/25
  • HYPER REV編集部

井口卓人×山内英輝 インタビュー~戦友、ときどきライバル~

ニュル24時間レースとスーパーGTを語る

(Photo:SUBRU)
スーパーGTシリーズではスバルBRZに乗るチームメイト。
ニュルブルクリンク24時間レースでは、山内英輝はWRX STIに乗り3連覇を狙い
井口卓人はTOYOTA GAZOO Racing RC Fで昨年の雪辱に燃えていた。
そんな2人に今年のレースについて語っていただいた。

(Photo:Hiroyuki Takii)

編集部:ふたりはある時はチームメイト、ある時はライバルです。やりづらいようなことはありませんでしたか?

山内「全然ないですね。やってる方は楽しかったですよ。井口選手はTOYOTA GAZOO RACINGを代表して走っていて、僕はスバルを代表して走っている。メーカーは違えど、お互い本気でやっていますから、どっちが勝っても、それが後に残ったりすることはありません」

井口「今年はそれが気持ち良かったですね。お互いに国内の開発ではひとりしか乗っていないんですよ。WRX STIは山内選手が実質的にクルマを作り上げて、ニュルに持ち込んだ。僕は今年先輩たちがいなくて、開発からやらせてもらいました。SUPER GTでは一緒に戦いながら、24時間に向けてはいろんな人の力を借りつつ、それぞれのクルマをちょっとずつ作っていって、24時間で対決したわけです。それがすごく楽しかった」

山内「井口選手はスバルも長いですから、こちらの手の内は色々バレてるんだろうなあと(笑)。ただ、こちらは手を抜いたりすることはないですし、それも知っているでしょうから、素直に戦えたと思います。これまではマルセルやカルロが予選アタックを務めていましたが、今年は自分で予選を走りたいという気持ちが大きかったですね。それはたぶん井口選手が来たからだったと思います」

(Photo:Hyper REV)

編集部:スバルスタースクエア(恵比寿)のパブリックビューイングでは、イベントが始まる前にスバルはリタイアしてしまいました。それでも、ほとんどの方が最後まで残っていたのが印象的でした。

山内「リタイア後の中継では、ちゃんと顔を見せて話をするべきだったと思います。スタッフの人が気を遣って(中継があることを)言わないでいたのかもしれませんが、日曜の夜にわざわざ来てくれたファンのみなさんに申し訳ないことをしてしまったと思っています。リタイア直後ですから、もちろん悔しかった気持ちもありますが、それはファンの方も同じですし」

(Photo:SUBARU)

編集部:井口選手が2位に入った時は歓声が上がりました。

井口「スバルのファンってそうやって楽しみながら応援してくれる人が多いですよね。とにかく温かい」

山内「井口選手がライバルとして戦っていても温かいもんね。文句言う人なんていないし、『できればワンツーで、1位がスバル、2位が井口選手』とか、井口選手を個人で応援している人は、『井口選手が1位で、2位がスバル』みたいな」

(Photo:SUBARU)

編集部:おふたりがニュルから学んだものはどんなことでしょう。

井口「僕は『日本では体験できない過酷な道を走ってクルマを開発する』ことにおいて、ドライバーとしての幅が、すごく広がりました。ニュルって、走って得たことをチームに伝えるという行為が、国内のサーキットよりもすごく大変です。180個近くコーナーがありますから、どこのコーナーがどう、という話ではないんです。全体的に乗りやすく、トータルにセッティングを決めていかなきゃいけない。そういう幅は間違いなく広がっていますね。ミーティングでコメントする時にも、順序立てて理論的にコメントしなきゃいけませんから、すごーく緊張するんです(笑)。でもしっかり通じるように言えば、すごく分かってくれる。だからコメントひとつにしても、ちょっと考えて分かりやすく言い直したり、というようなことをニュルに行ってからできるようになりました。それがたぶんSUPER GTにもつながっている。そこが僕は一番ですかね」

山内「色々と先を考えて発言できるようになったのが大きいですね。たとえばパドルシフトにしても、耐久性も24時間走り切ってから取り入れてくださいとか、当たり前かもしれませんが、そういう話を自分から発言できるようになりました。そこはすごく成長している部分だなと思います。あとはドライビングとか適応能力、判断能力についても、『路面コンディションがこう変わっているからこういう挙動になる』とか予測がつく。そういう点は、自分でも頭の回転が良くなっているなと感じます」


★当記事全文は、7月26日(水)発売の、SUBARU SPIRIT特別編集「SUBARUのすべて」のなかのスペシャルインタビュー「井口卓人×山内英輝 戦友、ときどきライバル」に収録されています。
当インタビューをはじめ、スバル/STIチームのニュルチャレンジの歴史、そして新井敏弘選手による新型WRX STI全開インプレッションなどなど、スバルファン必読の内容となっています!

<主な内容>
SUBARUの神髄、ここに極まる
特集 “NBR”への飽くなき挑戦

SUBARUモータースポーツ最前線
特別インタビュー 井口卓人×山内英輝
新型WRX STI 最速インプレッション

SUBARU 100年のあゆみ
中島飛行機からSUBARUへと至る道

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.yujin.com.ua

В интеренете нашел нужный веб портал , он рассказывает про Comanche Hurricane Cross 28.