AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/06/19
  • モト・チャンプ編集部 大野 正登

250ccスポーツバイクがスゴすぎ!ヤマハYZF-R25の底力!!

ヤマハYZF-R25の舞台裏

軽快に街を走れる気軽さがR25の魅力。求められているのは戦闘力ではなく、オールマイティさだ。(PHOTO:渡辺昌彦)

「次期モデルも乗りやすさと買いやすさを守りたい」

新型CBRの登場でさらに活気を帯びてきたスポーツタイプの250cc市場。次期R25はどんな進化を遂げるのか? その問いに森屋さんは、「いいところは絶対崩したくない。それは抜群の乗りやすさと値段です。“R”シリーズの一角を成すモデルですが、R25は門戸を開いておきたい」と言う。「門戸」とは、「購入しやすい」「扱いやすい」ということだろう。

だが一方で、掴んだ若いユーザーもじきに30代に突入し、仕事や結婚・育児などでバイク離れが進むだろう。森屋さんは「それまでの趣味としてのバイクではなく、生活必需品という位置付けが大事になってくる」という認識だ。

「大型バイクへのステップアップとは全く逆行する話なんですが、生活必需品となれば排気量は小さくてもよくて、でもだからって“足”代わりになれば何でもいいというわけではなく、走る楽しみも忘れてほしくない(笑)。そんなときに、弊社のトリシティなんて、ピッタリだと思いませんか?」

確かにトリシティは三輪といえども、ハンドリングは二輪車そのもの。「しかも二輪車よりも安定感が高いですから、奥様に、「バイクよりも安全だよ」と言い訳できるバイクなんです」とマジメな顔して笑う。

「我々としてはダウンサイジングしてでもバイクに乗り続けていただくことが大事だと思っています。一度バイクから離れてしまうと、何年か後に再びバイクに乗ろうと思っても抵抗感が相当あるでしょうから」と付け加える森屋さんであった。

先日、新型CBRに試乗したあるジャーナリストにその感想を聞くと、エンジン、車体とも現行の250のレベルをはるかに超えたと言い切った。

「CBR250RRで十分だ」とも。

ユーザーによっては新型CBRを超える性能や排気量はもはや必要ないと言うのだ。だとすれば、ホンダ・インドネシアの井沼社長が言うところの「(唯一無二な存在の)新型CBRがいいと言ってくださるお客様がきっといるはずだ」という目論見にピタリと一致する。

果たして森屋さんとヤマハは50万円台で買えるR25のままでいられるのか――。スズキのGSX250Rが他車に翻弄されない独自の路線を進むなか、カギを握るのは次期ニンジャ250の出方次第だろうと筆者は読んでいる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る