AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/05/12
  • 遠藤正賢

BMW M3/M4がフェイスリフトとともに「コンペティション・パッケージ」をカタログモデル化!

新グレード「コンペティション」のエンジンパワーは19psアップの450ps、0-100km/h加速は4.0秒!

新デザインのヘッドライトとハイグロスブラック仕上げのキドニーグリルを装着するBMW M4コンペティション
BMWの3シリーズセダンと4シリーズクーペに設定されている超高性能モデル「M3」および「M4」がフェイスリフトを受け、日本でも5月9日より販売が開始された。

外観では六角形のレンズを持つデイタイムライト機能付きLEDヘッドライトとLEDテールライト、19インチのブラック塗装アルミホイールを採用。室内にはカーボンファイバートリムとharman/kardon(ハーマンカードン)サラウンド・サウンド・システムを標準装備している。

「コンペティション」は20インチ鍛造アルミホイールや「Mスポーツ・エキゾースト・システム」で迫力がさらにアップ

そして、2016年4月にパッケージオプションとして設定された「コンペティション・パッケージ」が、今回のマイナーチェンジを機に新グレード「コンペティション」としてカタログモデル化された。

3リッター直6直噴ツインターボエンジンは、最高出力を標準仕様より19ps高い450psへパワーアップし、0-100km/h加速4.0秒をマーク。このパワーアップに対応させるため、ダンパーおよびスタビイライザーの特性を専用に変更した電子制御ダンパー「アダプティブMサスペンション」を設定した。さらに、電子制御式多板クラッチで後輪左右駆動力配分を緻密にコントロールする「アクティブMディファレンシャル」やDSC(横滑り防止装置)にも専用チューニングを施している。

ホールド性と通気性をアップさせたBMW M4コンペティションの「Mスポーツ・シート」

エクステリアには、20インチ鍛造アルミホイールやハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククローム仕上げのデュアルテールパイプを持つ専用の「Mスポーツ・エキゾースト・システム」を採用。インテリアには、サイドサポート幅の調節を可能とするなどホールド性を高めつつ、背もたれにカットアウトを施し通気性を高めた軽量構造の「Mスポーツ・シート」や、Mストライプ入りの専用シートベルトを装着した。

これらの「コンペティション」専用装備はマイナーチェンジ前の「コンペティション・パッケージ」と共通だが、標準仕様からの価格アップは従来の981,000円から710,000円に抑えられている。グレード構成および価格は下記の通り。

M3(7速DCT・右ハンドル):11,850,000円
M3コンペティション(7速DCT・右ハンドル):12,560,000円
M4(6速MT・左/右ハンドル):11,570,000円
M4(7速DCT・右ハンドル):12,080,000円
M4コンペティション(7速DCT・右ハンドル):12,790,000円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://alt-energy.in.ua/

https://www.bestseller.reviews

profvest.com